氷川女体神社に行ってきた!御朱印やご利益にアクセスなど紹介!

スポンサーリンク

関東を中心に約280社あるいわれる「氷川神社」。

その総本社は大宮駅に近い「武蔵国一宮 大宮氷川神社」

しかし、実はもう一つ”武蔵国一宮”の神社があるんです。

それがこれからご紹介する【氷川女体神社(ひかわにょたいじんじゃ)】

正式には字が難しいのですが”女體”と表記されます。

大宮氷川神社とは”対”として扱われ、両方参拝することでよりご利益があると言われています。

また、中川氷川神社というのも大宮氷川神社と氷川女體神社の間にあり、レイラインのように一直線にならんでいることから、この3社全体が氷川神社と呼んでいる地区もあるようです。

では、氷川女体神社をご紹介させていただきます。

撮影:hiroshi
スポンサーリンク

氷川女体神社へのアクセス

電車・バスの場合

・JR武蔵野線「東浦和駅」よりバスさいたま東営業所行[朝日坂上]下車徒歩10分

電車・バスで参拝される場合は少し不便です。

JR浦和駅 東口より国際興業バス「さいたま東営業所行き」に乗ります。

”~~経由 さいたま東営業所行き”と、いろんな経由で同じ行先に行くバスが、多くありますがそれに乗っても大丈夫です。所要時間 約30分ほどで『朝日坂上』でおります。

「見沼氷川公園」を目指すようにしてください。(おりて右側一つ目の信号を左折です)

撮影:hiroshi

車の場合

車はナビで”ひかわにょたいじんじゃ”「氷川女體神社」または「氷川女体神社」。

住所  埼玉県さいたま市緑区宮本2-17-1  

電話  048-874-6054

で、検索してください。

氷川女体神社の駐車場

残念ながらありません。

参拝者の多くは目の前にある、見沼用水路の脇にとめて参拝しています。

撮影:hiroshi

氷川女体神社の目の前に、「見沼氷川公園」がありますので、こちらに停めることをお勧めします。(無料です)

撮影:hiroshi

氷川女体神社の境内

撮影:hiroshi

見沼用水路の脇に木々に囲まれた氷川女體神社が現れます。

かなり急な石段を登ります。

御祭神: 奇稲田姫命(主祭神)

      三穂津姫命

      大己貴命

3神が本殿に祀らています。

奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)は、大宮氷川神社でも本殿に祀られていますが八岐大蛇で有名な須佐之男命(すさのおのみこと)の奥さんになります。

大己貴尊(おおなむちのみこと)は二人の子供にあたります。

また、大己貴尊は別名があります。別名 大国主神(おおくにぬしのかみ)

出雲大社の主祭神の別名が大己貴尊となります。子供のころの名と言われています。

撮影:hiroshi

由緒

第十代 崇神天皇により創建。古墳時代からあるとされており、特に中世以降は武士の崇敬が篤く、北条氏や徳川氏などから多くの奉納品や歴史資料を所蔵しており、現代でも「武蔵野の正倉院」と称されています。(氷川女體神社ガイドパンフレットより抜粋)

氷川女体神社のご利益

氷川女体神社のご利益は、御祭神が女の神様ということもあって、恋愛運向上のご利益、良縁祈願のご利益、そして子孫繁栄のご利益といわれています。

撮影:hiroshi

氷川女体神社の龍神様

本殿向かって右側にある龍神社。

中には「祇園磐船龍神祭」で使われる、龍神様の造りが納められています。

さいたま市のPRキャラクター”竜ヌウ”のモデルでもあります。

撮影:hiroshi

氷川女体神社の巫女人形

社務所に納められている「巫女人形」。これは全国でここだけのオリジナルです。

天然の素材だけで作られており、1体1体すべて手作りです。

女性の色々な悩み、恋愛、結婚、安産などなど。それらをご祈願させていただき、家に連れて帰ります。そして心願成就の時は、お着物を着せて神社に返納、お礼参りをいたします。

写真は返納された巫女人形たちです。

アクセスが不便なため、あまり参拝者はいませんが効果絶大!

撮影:hiroshi

氷川女体神社のご神木

撮影:hiroshi

このコブが特徴です。かなり変わってます。

クマの顔?に似ていると話題になり「ナニコレ珍百景」でも放映されてます。

私は蛇にみえますけどね。。。。

氷川女体神社の御朱印

撮影:hiroshi

ノーマル、四季によるオリジナル(4パターン)とあります。

写真は夏バージョンです。

本殿向かって左側の社務所でいただけます。(全パターン 300円)

撮影:hiroshi

氷川女體神社の知られていないパワースポット! 祭祀遺跡

撮影:hiroshi

境内をでて、石段を下りると見沼用水路にかかる橋があります。

この先が祭祀の遺跡です。ここまで訪れる方は残念ながらあまりいません。

撮影:hiroshi

祭祀なので、また少し趣が違います。

先に少し触れた祇園磐船龍神祭を古代とりおこなっていた場所です。

あまり知られていない、隠れたパワースポットです。

まとめ

アクセスがあまりよくないので、参拝者はかなり限られています。

しかし、地元の方々は必ず大宮氷川神社と同じように訪れます。

見沼用水路の周りには、のどかな畑が広がり、夏にはブルーベリー園もあります。

人を気にせずゆっくり参拝できるので、心をリセットしたいときになどには、特に

おススメの神社です。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました