調神社!浦和のうさぎ「つきのみや神社」とも!御朱印などご紹介!

スポンサーリンク
撮影:hiroshi

毎年12月12日におこなわれる酉の市で有名な調神社(つきじんじゃ)

地元では”つきのみや様”とも呼ばれています。

狛犬がウサギだったり、手水舎もウサギだったり。ちょっと可愛らしい神社を

ご紹介いたします。

スポンサーリンク

調神社のアクセス・駐車場情報

電車

JR 浦和駅 西口 徒歩 約15~20分

バスロータリーをまっすぐ進んで、「浦和西口」交差点を左折へ。

そのまままっすぐ進み、左手にあります。

旧中山道沿いになります。

駐車場は境内に無料の駐車場がありますが、10台ぐらいしかスペースはありません。旧中山道の調神社の向かい側にコインパーキングもあります。

駐車場への入り口は、かなりわかりずらいです。

調神社の脇の一方通行を入っていくことになりますので、下の写真を参考にしてくださいね!

撮影:hiroshi
撮影:hiroshi

駐車場の入り口です。

警備員さんが平日でもいらっしゃいます。要件を聞かれますので「参拝です」と告げれば入れてくれます。

撮影:hiroshi

調神社の由緒

撮影:hiroshi

御祭神
 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
 豊宇気姫命(とようけびめのみこと)
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)

いただいた由緒によりますと、この神社には鳥居がありません。

正確には鳥居の上部が外されてます。これは伊勢神宮へ奉納する貢物を運び出すので邪魔になるためないということです。

撮影:hiroshi

調神社の うさぎ 兎 ウサギ

撮影:hiroshi

冒頭にも書きましたが、ここ調神社(つきじんじゃ)は同じ”月(つき)”と縁をもつため

御祭神の使いが兎(うさぎ)として扱われてます。

手水舎もうさぎ。

神池の噴水もウサギです。噴水のウサギはかなり張り切ってます^^

撮影:hiroshi
ウサギで有名な調神社(つきじんじゃ)
撮影:hiroshi

調神社の御神木

元々、中山道脇ということもあり、貢物の初穂を納める倉庫群のなかに、この神社があったということもあり、境内は広くありません。

また、変わってることの一つに御神木もありません

調神社の御朱印

撮影:hiroshi

すいません。ピントが後ろにいっちゃってます><;ごめんなさい。

近日、撮り直しにいきますので、ぜひ、また見に来てください^^v

右上にうさぎのスタンプがおされています。

撮影:hiroshi

御朱印帳は1種類 2000円です。

御朱印は500円になります。御朱印帳以外(例えば紙だけ)には記帳はしてもらえませんので、御朱印帳を忘れないようにしましょう。

ココの神社は少し厳しめです。。。。

まとめ

撮影:hiroshi

ここ調神社は毎年12月12日には「12日まち」といって盛大に酉の市が開かれます。

地元では大変人気のある祭りで、旧中山道は通行止めになり、かなりの数の屋台が

並びます。(大宮氷川神社は12月10日「10日まち」と言います)

地元に人気の神社であり、庶民と共にある素敵な神社です。

ぜひ一度、お立ち寄りください。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました