『佐倉城址公園』2019年紅葉!駐車場やアクセス・地図など紹介!

スポンサーリンク

夏が終わり、暑い日差しから温かい日差しと心地よい風を感じる季節、秋になると“紅葉”を見に遠出をしたくなりませんか?

日常から切り離されたような空間で暖かい日差しを浴びながら青空に広がる色鮮やかな紅葉を散策する“紅葉狩り”は秋の季節でしか味わえない行楽行事として親しまれています。

そこで、今回は都心から約60分と気軽に行くことが出来る千葉県「佐倉城址公園」の紅葉の見頃を周辺の観光地と合わせて紹介して行きます

スポンサーリンク

佐倉城址公園の2019年紅葉の見頃はいつ?

佐倉城址公園の2019年紅葉の見頃

2019年11月下旬〜12月中旬

例年11月下旬からの見頃でしたが、全国各所の紅葉見頃予想を発表したウェザーニューズによると全国的に例年より少し遅れるとのことです。市街地周辺に位置した場所なので入念な防寒対策は必要ありませんが、暖かい格好を心がけて訪れると落ち着いて紅葉狩りが可能です。

佐倉城址公園の見どころは?

佐倉城址公園は、その名の通り佐倉城跡の中に設置されている公園になっています。お城は江戸時代の中頃に盗賊によって焼失してしまったと国立歴史民俗博物館の資料に載っています。

お城はありませんが外敵から身を守るために土を持って築かれた土塁や水堀が現存していることや、樹齢100年以上になるカエデの木・樹齢70年以上のイチョウ並木が残っていることから「日本の歴史公園100選」「日本100名城」に選ばれる、名園です。

千葉県指定の天然記念物に定められている樹齢約400年の「夫婦モッコク」と呼ばれる歴史ある巨樹を見ることができます。昭和十八年に刻まれたと思われるラクガキには年季を感じさせられます。

園内一帯にある木々が“大木”ということもあって自然豊かで壮大な紅葉を望むことができ、跡地に植えられた芝生の上でお弁当を広げて食べることが出来たりと、ゆったりとした時間を過ごせる“紅葉狩り“をすることができます。

中でも、本丸跡やあずまや付近のイロハモミジの紅葉は絶景です。

2019年の佐倉城址公園の紅葉の様子を動画でご覧ください。

佐倉城址公園の紅葉2019/12/08

アクセス・駐車場情報

所在地: 千葉県佐倉市城内町宮有無番地

公共交通機関を利用する場合

京成佐倉駅南口からちばグリーンバス田町車庫行き「国立博物館入り口」または「国立歴史民俗博物館前」下車後、徒歩5分

JR佐倉駅北口からちばグリーンバス田町車庫行き「宮小路町」下車後、徒歩10分

車を利用する場合

東関東自動車道佐倉I.Cから約20分

駐車場

無料の駐車場が4カ所城内にあり、約400台近く収容可能となっています。

佐倉城址公園は通年、桜が咲く時期や菖蒲が花開く時期になるとかなり混雑する人気の高い観光スポットなのですが、紅葉シーズンは他の時期と比べると落ち着いて訪れることができます。

それでも、土日・祝日は道路が混雑しやすいため、訪れる際は細心の注意を怠らずに落ち着いて向かうようにしましょう。

近くの観光スポット

佐倉城址公園で紅葉を見たり、国立歴史民俗博物館を見学した後は佐倉城址公園から徒歩約20分の場所にある『ひよどり坂』を訪れてみてはいかがでしょうか。

ひよどり坂までの道のりには佐倉城の名残を感じる大手門跡や旧武家住宅などの歴史的建造物を見ることができ、ひよどり坂の特長である美しい竹林に入り込むころにはタイムスリップを感じさせるような体験をすることができます。

 

紹介した動画内でも「都心から一時間で行けるフォトジェニック竹林」と国内外からの人気が高まっているので紅葉を拝むついでにぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか?

サムライの古径 ひよどり坂

サムライの古径 ひよどり坂(2019/6/12)佐倉市

まとめ

佐倉城址公園は江戸時代中頃に城を焼失したものの現在に至るまで大きく形を変えることなく、春にはいっぱいの桜を咲かせたり、秋になると赤々と染まった紅葉や道行く人の頭上を悠々と枝を広げた黄色いイチョウの木々を拝むことができます。

あまり歴史に興味・関心がないヒトでもその大木たちの目を奪われてしまうほど壮大な景色に圧倒されてしまうのではないでしょうか。

都心から電車で1時間とアクセスもよく、市街地に位置する「佐倉城址公園」の紅葉をぜひ、見に行かれてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました