『浅草寺』浅草の初詣2020!ご利益やご本尊・最寄り駅など紹介!

スポンサーリンク

お正月で一番の行事と言えば初詣ですよね。

一年を無事に過ごすためにも、ぜひお参りに行きたいものです。神社やお寺は数あれど、そのなかでも人気なのが浅草の浅草寺(せいそうじ)

この記事では、浅草寺の初詣って何時に行けばいいの?どれぐらい混んでいるの?お参りに行くとどんなご利益があるの??といったところをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

浅草寺の2020年初詣 何時から何時までお参りできるの?

浅草寺は定番の初詣スポットということもあり、ある程度は混雑を覚悟しなければなりません。例年の参拝者数は290万人を超えるとのことです。

なかでも1月1日の元旦は、年越しのカウントダウンとともに初詣に訪れる人が多いので大混雑します。雷門から仲見世通りまでたくさんの人が並ぶので、待ち時間だけでも2~3時間と考えてください。混雑状況によっては仲見世通りが一方通行に規制されますので参拝後もご注意を。

三が日中は比較的いつでも混雑しますが、元旦の午前4時過ぎ午後7時過ぎなどのすきま時間に混雑が解消される傾向にあります。1月1日~7日までは新年大祈祷会も行われるため、お祓いに訪れるという人も多いです。

浅草寺のご利益とは?ご本尊さまについて知りたい

浅草寺のご利益で有名なのは「縁結び」かもしれません。なぜ浅草寺は縁結びのご利益があるのかは、御本尊様に関係があります。浅草寺のご本尊様は聖観世音菩薩さまで、観音様と呼ばれている仏様です。観音様は女性の仏様であり、特に慈悲深いことが特徴。人々の恐怖を取り除き、願い事をかなえてくれるとされています。

なので浅草寺のご利益は「所願成就」。人々の願いをかなえてくれるご利益があります。ということで、縁結びを願う人には縁結びのご利益がある、となるわけですね。もちろん縁結びにかかわらず、受験の成功や商売繁盛など、それぞれが願うことを成就させてくれるご利益があります。

幅広く人々の願いを聞き入れてくださる懐の深さも、初詣に人気な理由のひとつかもしれませんね。

浅草寺の初詣に行く際のアクセスと駐車場情報

浅草寺は電車の駅が近いので、アクセスが非常に良いお寺です。利用できる駅は以下の通り。

東武スカイツリーライン 浅草駅(徒歩5分)

東京メトロ銀座線 浅草駅(徒歩5分)

つくばエクスプレス 浅草駅(徒歩5分)

都営地下鉄浅草線 浅草駅(徒歩5分)

どの路線でも最寄り駅は「浅草駅」になります!

 

浅草寺の境内には参拝客用の駐車場はありません。雷門の近くに「台東区雷門地下駐車場」という大きな駐車場がありますが、こちらも混雑必至なのでおすすめはできません。

また例年三が日中は、雷門通りにて車両の交通規制が実施されます。浅草寺付近で通行止めになる道路もあるので、少し離れた地域に車を停めて電車でアクセスするほうが無難でしょう。

まとめ

年の願いを浅草寺に託しましょう

浅草寺には、人々の願いをかなえてくださる心優しい観音さまがいらっしゃいます。参拝までの混雑はちょっと大変ですが、初詣では一年の無事を浅草寺でお願いしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました