東武ワールドスクエア2019-2020イルミネーション。入場料・アクセス・駐車場を紹介!

スポンサーリンク

栃木県日光市にある『東武ワールドスクエア』

47の世界遺産を含む、世界の有名建築物102点を25分の1のスケールで細部まで再現したミニチュア建築のテーマパークです。

そんな東武ワールドスクウェアでは、毎年、冬の時期には閉園時間が延長され、イルミネーションが行われます。

きらびやかな演出で昼間とは違う顔を見せてくれる『東武ワールドスクエア』のイルミネーションをご紹介します。

スポンサーリンク

2019年イルミネーション開催時期はいつ?点灯時間や料金は?

東武ワールドスクエアのライトアップの開催期間と時間、入場料は以下の通りです。

《開催期間》

2019年11月9日(土)~2020年3月29日(日)

だだし、2020年3月中は1日(日)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)・20日(金祝)~29日(日)のみの開催となりますのでご注意ください。

《点灯時間》

・11月9日~12月20日 平日16:30~19:30/土日祝16:30~20:00

・12月21日~1月5日 16:30~20:00

・1月6日~2月7日 16:30~19:00

・2月8日~3月1日 17:00~19:30

・3/7.8.14.15.20~29 18:00~20:00

※入園は閉園の30分前までです。

《イルミネーション点灯時間中の入場料》

園内で利用できる500円分の買物券付

 ・大人(中学生以上)1,500円  

 ・小人(4歳以上) 1,000円

 ※日中のチケットを購入していれば、追加料金なしでイルミネーション観賞できます。

見どころや楽しみ方

まずは昨年のライトアップの様子をお楽しみください。

《臨場感が半端ない!日光「東武ワールドスクエア」イルミネーション!

臨場感が半端ない!日光「東武ワールドスクウェア」イルミネーション!│LINEトラベルjp

何も言われなければ、本物の建物のライトアップのようですね。

やはり東武ワールドスクエアのイルミネーションの見どころは、ライトアップで輝く世界文化遺産の建築物ですね!

園内では、世界の建築物のミニチュアが「現代日本」「アメリカ」「エジプト」「ヨーロッパ」「アジア」「日本」6つのゾーンに分かれて展示されています。

見どころはたくさんありますが、その中でも特に注目していただきたい建築物をご紹介します。

工事完了!?「サグラダ・ファミリア」

ヨーロッパゾーンにあるサグラダ・ファミリア

100年以上も建築が続いていることは有名ですが、東武ワールドスクエアのサグラダ・ファミリアはなんと工事完了しているんです。

完成形のサグラダ・ファミリアのライトアップを見られるのは、世界でここだけですね!

ちなみに、写真の奥に見えるのは世界貿易ビル。

現存しない建物のライトアップも、ここでは見ることができます。

憧れのヨーロッパ旅行「凱旋門」

凱旋門のライトアップです。

エッフェル塔とともに凱旋門を見れば、まるで、クリスマスで賑わうパリの街に旅行に来たようです。

やさしく光る「台湾ランタン」

「2017台湾ランタンフェスティバル」で実際に使用されたランタンが譲渡され、展示されています。

暗闇の中に優しい光が灯ります。

台湾ランタンでできたハートのゲートもあり、可愛い写真が撮れるオススメのフォトスポットです。

エジプトで雪化粧!?「ピラミッド」

エジプトゾーンにある、3つのピラミッド。

こちらがカラフルにライトアップされます。

しかも、色が変わるんですよ!

また、東武ワールドスクエアは雪が降ると園内は雪化粧に包まれます。

現地で見ることができない雪化粧のピラミッドが見られるかもしれません。

雪とピラミッドとライトアップのコラボレーションはここでしか見られない景色です。

イベント情報

2019年の東武ワールドスクエアのイベント情報はまだ出ていません。

しかし、例年ですと特別イベントとして「高いところからイルミネーションを観よう」が開催されます。

期間限定で、高所作業車からイルミネーションを楽しむことができるイベントです。

2019年もこのようなイベントが開催されるかもしれません。

アクセス・駐車場情報

東武ワールドスクエアまでのアクセス方法をご紹介します。

  • 所在地 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1

電車、バスの場合

東武電鉄鬼怒川線「東武ワールドスクウェア駅」から徒歩約1分  

車の場合

日光宇都宮有料道路今市ICから約20分。

駐車場は500円/回で利用できます。

バスの場合

・「東京駅」から高速乗合バス「日光・鬼怒川温泉号」で約3時間30分

・「鬼怒川温泉駅」(3番バスのりば)より約5分。

まとめ

日本に居ながらにして、イルミネーションに浮かび上がる世界中の夜の風景が楽しめるのは冬の東武ワールドスクエアならではですね。

東武ワールドスクウェアは建築物の撮影が自由にできます。

インスタ映えするようなトリックアートや、まるで海外旅行に行ったような写真も撮影することができますよ!

イルミネーション期間中の東武ワールドスクエアで、昼間とは一味違う幻想的なミニチュア建築の世界をご堪能ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました