ほったらかし温泉!営業時間やアクセス・クーポン情報などご紹介!

スポンサーリンク

山梨県にある『ほったらかし温泉』は、日帰り温泉施設です。

ほったらかし!?なんだか名前だけ聞いても気になってしまいますよね。

”あっちの湯”とか”こっちの湯”とか何がなんだかわかりませんね^^;

ちょっと話だけ聞くと不思議な所ですが、とっても景観のいい温泉なんです。

ほったらかし温泉はどんなところなのか、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

『ほったらかし温泉』営業時間・クーポン・料金情報

営業時間

・日の出1時間前~22時(最終受付21時半)

    12月・1月・2月

・6:00前後から

    3月・11月

・5:30前後から

    4月・8月・9月

・4:30前後から

    10月

・5:00前後から

    5月・6月・7月

料金

大人:880円

小人(0歳~小学生まで):400円

タオル:200円

バスタオル:1,000円

クーポンはここ!

特製手ぬぐい無料クーポン!

『ほったらかし温泉』住所・アクセスの紹介

住所  〒405-0036 山梨県山梨市矢坪1669-18

TEL   0553-23-1526

電車で行く方

新宿→(特急90分)→山梨市駅→(タクシーで10分)→ほったらかし温泉

車で行く方

中央自動車道勝沼インターから25分

中央自動車一宮インターから25分

御坂インターから25分

甲府市から国道20号線で30分

秩父市から国道140号線で90分

『ほったらかし温泉』施設・おすすめの食事を紹介

温泉

やはり、温泉が気になるところです。

ほったらかし温泉の泉質はアルカリ性単純温泉です。

神経痛・筋肉痛・関節痛・うちみに効果があります。体の疲れをいやして軽くしてくれそうですね。

硫黄泉に比べて刺激が少ないのでお年寄りは子どもが入っても肌に優しい温泉です。

こっちの湯

ほったらかし温泉はこっちから始まったようです。

木造りと石造りの露天風呂を楽しむことが出来ます。天気の良い日に入れたら、もう言うことなしです。

あっちの湯

あっちの湯は、また少し”こっちの湯”とは違った眺望を見る事ができます。

広いなとは思いましたが、”こっちの湯”の2倍なのだそうです。

夜に入るのがオススメです。空一面に星が浮かんでいる姿は圧巻です。

ほったらかし温泉は、営業時間が日の出に合わせているという所から分かるように、日の出を見ることが出来ます。

少しづつおひさまが出てきて町が明るく照らされていく様を温泉につかりながら見ることが出来ます。夕暮れ時からどんどん日が落ちて暗くなっていく時もなんだか切ない気持ちになりますがオススメです。

一番オススメなのは冬の時期に行って、空気が澄み切ってキレイな時に日の出と富士山を見る事です。思わず感嘆の声を漏らしてしまう程に美しいです。日本人に生まれてよかったと思いますよ。

あっちの湯、こっちの湯それぞれ良さがありますし見える景色も違います。両方とも入ってみてください。比べるものではなく両方とも素晴らしいですよ。

二つの温泉に入れるのはなんだかお得な感じがしますね。入浴料もとっても安いですよね。

嬉しい限りです。

おすすめの食事

温泉と並んで人気なのが『たまごかけご飯』です!

とっても素朴なたまごかけご飯を食べる事ができます。朝食に最高ですね!(¥500)

朝食スタンドの「桃太郎」と朝食処「気まぐれ屋」があります。お風呂上りに軽く食べるのにちょうどいい料理が楽しめますよ。

『ほったらかし温泉』周辺のオススメスポット

ほったらかしキャンプ場

ほったらかし温泉のすぐ奥に新しくできたキャンプ場です。テントを自由に張る事の出来るスペースや、コテージもあります。小さい子どもと一緒の時にはテントよりもバンガローのようなところのほうが嬉しいですよね。ここで家族旅行の思い出を作るのもいいかと思います。

まとめ

山梨県のほったらかし温泉は、とにかく眺望がすばらしいです!

この眺めがすべて自分のものなのかのような錯覚さえしてしまいそうなくらい、独り占め感がありますよ。ほったらかし温泉に入ってほったらかしキャンプ場に泊まる事ができたら最高ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました