春日大社!2020世界遺産で初詣!アクセス・参拝時間などご紹介!

スポンサーリンク

新年を迎えたということで、旧年の厄払いや新年の抱負を願って神社やお寺にお参りする“初詣”の予定は決まりましたか?せっかくお参りをするならご利益がある場所がいいと思いませんか?

今回紹介する「春日大社」世界遺産にも登録されている奈良の古社として毎年、多くの参拝者が訪れる人気のスポットとなっています。訪れた人に幸せが訪れるパワースポットしても有名で、恋愛成就を願う人にも人気の場所です。

2020年は恋愛を成就させたい方や恋人と更に愛を深めたい方にはオススメの場所となっています。

そんな「春日大社」の初詣の混雑状況や参拝時間、駐車場情報について紹介していきます。

スポンサーリンク

春日大社 2020年初詣の参拝時間はいつから?

2020年春日大社の初詣の参拝時間

2020年1月1日(火)     午前0:00~午後8:00

      2日(水)・3日(木)   午前6:30~午後7:00

           4日(金)以降      午前6:30~午後5:00

開門時間は以上となっています。

本殿前特別参拝以外は無料で参拝することが可能です。本殿の拝観料は500円からとなっています。

元旦は年明けの瞬間を神社の中で迎える人たちで大変混雑しているので、新年早々にモノを失くしてしまう人が多くいます。年越しカウントダウンに加わる場合は私物の紛失には注意して訪れるようにしましょう。

春日大社 初詣の混雑状況・前年の人出

春日大社の初詣には例年約50万人の参拝者が訪れる、人気の初詣スポットです。境内に様々な建物や参拝所がありますが、どこを見渡しても人だかりができています。

複数人で初詣に訪れる際は、はぐれた時に集合できるようにあらかじめ集合場所を決めておくといいでしょう。参拝時間が限られていることもあって、正月期間(大晦日から三が日)は特に混雑しているので注意が必要です。

少しでも混雑を避けて初詣に訪れたい方には人が活動しやすい時間帯の10時から14時の間を避けると多少は参拝がしやすいです。開門時間の午前6:30からの参拝が朝方の気持ち良い空気の中で初詣が可能なのでオススメです。

1月4日以降は通常通りの参拝時間となっており、三が日の時より人出が減るので初詣をスムーズに行うことができます。

春日大社のご利益・由緒・御祀神

気になる春日大社のご利益や由緒・御祭神さまですが、創建はおよそ1300年前の奈良に都ができた頃だとされています。

日本の国の繁栄や国民の幸せを願って「武甕槌命(たけみかづち)」を御祭神として迎えました。武甕槌命さまは国を生んだ夫婦神である伊弉諾尊(イザナギノミコト)と伊弉冉尊(イザナミノミコト)が最後に産んだ神さまで、戦いの神・産業発展・国の平和を守るとされています。

また、春日大社には日本で唯一夫婦神を祀っているとされる、夫婦神「大国主命(おおくにぬしのみこと)」と「須勢理姫命(すせりひめのみこと)」を祀った夫婦大國神社があり、夫婦円満と縁結びにご利益があるパワースポットとして有名です。

武甕槌命さまや夫婦神さまを祀っていることから初詣に訪れると一年を通して様々な出来事へのご利益を得ることができるとされています。

春日大社のアクセス・駐車場情報

所在地:奈良県奈良市春日野町160 春日大社

公共交通機関を利用する場合

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から奈良交通バス「春日大社本殿行」約15分乗車後、「春日大社本殿」下車すぐ

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から奈良交通バス「市内循環外回り」約13分乗車後、「春日大社表参道」下車、徒歩約10分

 

車を利用する場合

名神高速道「京都南I.C」から京奈和自動車道経由約60分

京奈和自動車道「木津I.C」から南へ約7㎞

第2阪奈有料道路「宝来I.C」から東へ約8㎞

西名阪自動車道「天理I.C」からR169経由、北へ約10㎞

 

※収容台数100台の有料駐車場があります。

  • 乗用車:1,000円 バイク:300円

正月期間の駐車も可能ですが、大変混みあうので周辺の駐車場を利用しての参拝になると予想されます。事前に周辺の駐車場を確認してから訪れるようにしましょう。

 

また、最寄り駅の「奈良駅」から徒歩約25分程度で辿り着くことができます。

まとめ

恋愛成就のパワースポットとして人気の高い「春日大社」の初詣について紹介してきました。

春日大社の初詣は神社への参拝ももちろんですが、春日大社周辺にたくさんの屋台が設置されるので、初詣後の腹ごなしもでき、新年から食を楽しむことができるのも楽しみのひとつです。

新年最初の願掛けで厄払いとともに恋愛成就を願って、いい出会いを迎えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました