関東でデートスポットとして人気の水族館『新江ノ島水族館(えのすい)』アクセスは?入場料は?

スポンサーリンク

江ノ島観光に欠かせない定番スポット『新江ノ島水族館』

幅広い年齢層の観光客が訪れ、連日賑わいをみせるスポットです。

そんな『新江ノ島水族館』は県内屈指の人気のデートスポットでもあります。

今回は、大人の方におすすめの『新江ノ島水族館』の楽しみ方をご紹介します。

スポンサーリンク

アクセス・駐車場情報

『新江ノ島水族館』までのアクセスをご紹介します。

  • 所在地〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

電車の場合

・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」下車後徒歩3分

・江ノ島電鉄「江ノ島駅」下車後徒歩10分

・湘南モノレール「湘南江の島駅」下車後徒歩10分

車の場合

・横浜新道戸塚出口から約13㎞

・東名高速道路「厚木I C」より約25km

新江ノ島水族館には専用の駐車場はありません。

周辺の有料駐車場を利用してください。

しかし江の島島内の駐車場は、休日は満車になっていることも多いです。

少し手前の駅に止めて電車で移動するのもおすすめですよ。

営業時間や料金は?イベント情報も

新江ノ島水族館の開園時間、入場料は以下の通りです。

《開園時間》

・11月中の平日と11月2日(土) 9:00~17:00

・11月中の土、日、祝、振休日(11月2日を除く) 9:00~18:00

・12月1日~12月20日までの平日 10:00~17:00

・12月1日~12月20日までの土、日 10:00~18:00

・12月21日~12月25日 10:00~20:00

※最終入場は閉館1時間前までです。

※ショースケジュールは日によって異なりますのでホームページでご確認ください。

《料金》

・大人2,400円

・高校生1,500円※チケット売場の窓口で学生証の提示が必要です。

・小・中学生1,000円

・幼児(3歳以上)600 円

各種電鉄の当日券の提示で入場料金が割引となるサービスがありますので、電車の方は是非、入場割引をご利用ください。

また、特典付きの前売り券などもありますので、観光プランに合うものをお選びください。

詳しい情報は記事の下にある公式ホームページでご確認ください。

おすすめのイベント

『ナイトアクアリウム』

1年を通して様々なイベントが行われている『新江ノ島水族館』ですが、大人の方へのおすすめはナイトアクアリウム。

例年夏休みの初め〜クリスマスシーズンまでの期間中行なわれるこのイベントは、夜の水族館とデジタルテクノロジーを融合させ、館内を幻想的な空間に変化させています。

2019年のナイトアクアリウムのプログラムは、海中で光り輝く様々な生き物たちの繊細な美しさを楽しめる「ヒカリノエノスイ」

「今夜はイルカ Night」、「今夜はサカナ Night」、「今夜はクラゲNight」の3つの夜間限定ショーが開催され、昼間とは違う生き物たちの様子が観察できます。

特に「今夜はクラゲNight」は、クラゲの体内をイメージした神秘的な空間の中、クラゲ達のおりなす不思議で幻想的な輝きを観賞することができます。

夜の水族館ならではのロマンチックな時間をお楽しみください。

見どころや楽しみ方

優雅に泳ぐ魚たち「相模湾大水槽」

絶えず波を発生させることで、より自然に近い環境を作り出している「相模湾大水槽」

えのすいスタッフがダイバーとなってパフォーマンスを行うダイビングショーはも開催されますよ。

高さ9mの大水槽で優雅に泳ぐ魚たちと一緒に、いろんな角度から写真を撮るのも楽しいですね!

 

幻想的「クラゲファンタジーホール」

「クラゲファンタジーホール」では優雅に泳ぐクラゲが展示されています。

光とクラゲの織りなす幻想的なコラボレーションにより、非常に落ち着い空間となっています。

ゆらゆらと揺れながら泳ぐクラゲの姿に心癒されてください。

水族館の人気者「イルカショー」

「新江ノ島水族館」に行ったら、イルカショーは外せませんね。

迫力のバンドウイルカのジャンプやアシカの可愛いらしい姿は必見です。

イルカショースタジアムは館内でも海沿いにあるため。天気のいい日には相模湾と富士山も見ることができます。

土日やイベント期間中にはこのイルカショー、大変混み合いますので、早めに行って、この素敵な景色もお楽しみください。

オーシャンデッキ

海の目の前にある新江ノ島水族館はロケーションも最高です。

72mの長いオープンデッキからは潮風を全身で感じながら、富士山や江の島、湘南の浜辺を望めます。

館内を存分に楽しんだあとは、オープンデッキで美しい夕陽を眺めてくださいね。

人気のお土産、グルメのご紹介

熊澤酒造×『えのすい新江ノ島水族館オリジナル湘南ビール』《560円》

湘南で唯一の蔵元「熊澤酒造」の地ビールは湘南土産にも大人気。

そんなこだわりの地ビールが新江ノ島水族館とコラボして、海の生き物たちが描かれたオリジナルラベルになって登場です。

フルーティかつ繊細な味わいと、美しい湘南の夕陽をイメージしたルビー色のビールは旅の思い出にぴったりですね。

3本以上購入すると専用のお土産ケースが貰えます。 

数量限定『生しらす丼』《1,380円(持ち帰り)1,405円(店内飲食)》

江ノ島名物の生しらすが、新江ノ島水族館でも食べられます!

生しらすといくらをのせた贅沢な丼を是非ご賞味ください。

数量限定です。

江ノ島ならでは「しらすドック」《420円(持ち帰り)427円(館内飲食)》

こちらも江ノ島名物のしらすを使ったグルメです。

国内産しらすがたっぷりのったホットドック、一体どんな味なんでしょうか?

ここでしか食べられない人気のホットドッグを是非、お試しください!

まとめ

湘南海岸に面し、ロケーションが最高な『新江ノ島水族館』は見どころがたくさんあり、観光にもデートにもぴったり。

かわいい海の生き物たちを見て楽しむだけでなく、ロマンチックな演出や水族館から臨む景色など、いつもとは違う水族館の楽しみ方もプラスすれば盛り上がること間違いなしです。

『新江ノ島水族館』へ是非、お出かけになってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました