『横浜アンパンマンこどもミュージアム』アクセス・営業時間・料金!

スポンサーリンク

子供たちに大人気のキャラクターに会える!

横浜アンパンマンこどもミュージアム!

2019年7月に移転し、新しくオープンしたばかりの施設です。

移転後は屋根がつき、雨の日でも問題なく楽しめるようになりましたよ。

そんな横浜アンパンマンこどもミュージアムについてご紹介します!

スポンサーリンク

『横浜アンパンマンこどもミュージアム』アクセス・駐車場情報

【公共機関の場合】

・みなとみらい線「新高島駅」から徒歩3分

・みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩10分

・JR「横浜駅」から徒歩10分

【車の場合】

・首都高横羽線「みなとみらい」出口から10分

【駐車場】

・第一駐車場:128台

アンパンマンミュージアムの地下1階にあります。

・第二駐車場:188台 

富士ゼロックス1Fにあります。

・第三駐車場:64台

施設裏にある、平面駐車場です。

3か所の駐車場すべて、最初の1時間600円、以降30分300円です。

このほかにも周辺に駐車場は沢山あります。

土日祝日でも最大料金が設定されている駐車場が沢山ありますので、

お時間を気にせずのんびり過ごされたい方にはそちらもおすすめですよ。

『横浜アンパンマンこどもミュージアム』営業時間・料金・イベント

【営業時間】

2・3階 ミュージアム  10:00~17:00(最終入館16:00)

1階 ショップ&フード・レストランの入場料無料エリア 10:00~18:00

休業日は元日です。

※他にも館内改装や点検による臨時休業があります。

ご注意ください。

【料金】

2・3階ミュージアムゾーン(有料ゾーン)の入場料は

1歳以上~   2,200円です。

※無料ゾーンもありますよ。

【イベント】

アンパンマンミュージアムでは、毎日様々なイベントが行われています。

有料ゾーンでは、うたのステージやワークショップなど

アンパンマンの仲間たちとイベントを楽しむことができますよ。

数多く行われているので、スケジュールは必ず当日ご確認ください。

1階の無料エリアでも、屋内でアンパンマンのショーが行われます。

アンパンマン号やダダンダンが天井から吊り下げられ動き回るので、

遠くからでも十分に楽しむことができますよ。

有料エリアへ行かなくても楽しめるなんて、とても嬉しいですね!

『横浜アンパンマンこどもミュージアム』見どころや楽しみかた

【アンパンマンの世界を満喫できる有料エリア】

・たくさんのキャラクターに会える!

ショーの最中だけではなく、パトロールやお散歩しているアンパンマンや仲間たちに会うことができます。

ギュッと、ハグや握手ができますよ!

・アンパンマンの世界に入った気分になれる!

リアルに再現された「パン工場」では

工場内でパン作りごっこ遊びができますよ。

アンパンマンの街を再現した「みんなのまち」では

おかしのいえでケーキ屋さん、ドーナツ屋さんごっこをして遊べます。

みんなのまちを過ぎると「アンパンマン号」があります!

80個もボタンやレバーの仕掛けがあり、操縦している気分を味わえますよ。

「わんぱくアイランド」では子供たちが体を思い切り動かして遊ぶことができます。

くじらのクータンのいる海ではぴょんぴょん飛び跳ねて遊びまわれます。

小さなお子様でも遊べるアスレチックや滑り台など、思う存分遊びまわれますよ!

・有料エリア入場者限定のミュージアムショップ

2階にはミュージアムに入館した方限定のミュージアムショップがあります。

1階で買うことができない商品が販売されているので、要チェックです!

『横浜アンパンマンこどもミュージアム』充実の無料エリア

・可愛いアンパンマングッズ!

「アンパンマンテラス・アンパンマンフレンズ」ショップには

アンパンマングッズが大量に販売されています。

おもちゃやぬいぐるみ、衣類品やお菓子など、選びきれないほど並んでいます。

実際におもちゃで遊ぶこともできるので、お子様も楽しめますよ!

 

「ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ」は女の子におすすめです!

ドキンちゃんを中心に、様々なキャラクターのアクセサリーやおしゃれグッズが

販売されていますよ。

 

他にも洋服屋さんや本屋さん、手芸用品店などがありますよ。

 

・かわいいお食事!

フードコートには「ハンバーガーやさん」、「うどんやさん」、「ごはんやさん」があります。

席数も多いですが、土日祝日は席が早く埋まってしまいますのでご注意ください。

お子様が座りやすい低いテーブル席もありますよ。

 

「ポップコーンやさん」では、可愛いケースに入ったポップコーンを購入できます。

アンパンマンやバイキンマン、アンパンマン号など、

思わず大人も欲しくなる可愛らしいケースが沢山ありますよ。

・お土産にもおすすめ!ジャムおじさんのパン工場

よこはまアンパンマンミュージアムの出入り口付近には

大人気「ジャムおじさんのパン工場」があります。

土日祝日など行列ができるほど混雑しますが、

係の方が案内してくれるので安心です。

どれを見ても欲しくなる可愛いパンが沢山あります!

まとめ

可愛いキャラクターや子供が喜ぶ姿に、大人もしっかり楽しむことができる

横浜アンパンマンミュージアム!

有料のミュージアムエリアで1日中楽しむこともおすすめですが、

お値段的に何度も行けない…と思われる方は

無料エリアだけでも十分に楽しむことができますよ!

駅からも近く駐車場も沢山あります。

完全屋内型の施設なので雨の日でもしっかり遊べますよ。

お子様が大好きなアンパンマンに是非会いに行ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました