2020年『袋田の滝』アクセス・凍結ライトアップなど観光情報!

スポンサーリンク

茨城県を代表する観光スポット『袋田の滝(ふくろだのたき)』。

高さ120m幅73mの壮大な滝です。

その昔、西行法師がこの地を訪れた際「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したとも言われるほど美しく、四季折々で違う表情を見せる『袋田の滝』。

その魅力と周辺の観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

『袋田の滝』基本情報・アクセス

『袋田の滝』の基本情報、アクセス方法をご紹介します。

  • 所在地

茨城県久慈郡大子町袋田3-19

  • 営業時間

 8:00~18:00 (11~4月は9:00~17:00) 

  • 休業日

無休

  • 料金(袋田の滝トンネル利用料金)

大人300円/子供150円

  • アクセス

《電車・バスの場合》

・最寄り駅 袋田駅(水郡線)

・JR袋田駅からバスで約10分→最寄りのバス停『滝本』下車後徒歩10分

《車の場合》

常磐自動車道那珂ICから約50分。

駐車場は袋田の滝周辺には町営の無料の駐車場が二ヶ所あります。

滝まで1㎞の地点に50台の駐車場、滝まで1.5㎞のところに 220台の駐車場です。

ただし、イベント期間中は大変混み合います。

民間の有料駐車場などもありますので、お調べになってからお出かけください。

そして、紅葉などのイベントシーズンの際の周辺道路は大変混雑します。

非常に混雑します。

車で行く場合、国道118号の渋滞を回避する方法はありませんので、混雑するシーズンには駅から徒歩もおすすめです。

袋田駅からは歩いて3.1キロ、約40分の道のりです。

『袋田の滝』見どころ

『袋田の滝』の見どころのご紹介です。

紅葉

秋には色とりどりの紅葉が『袋田の滝』周辺の渓谷を飾ります。

袋田の滝の紅葉の見頃は『11月中旬~11月下旬』です。

【絶景茨城】袋田の滝(紅葉)

【絶景茨城】袋田の滝(紅葉)|VISIT IBARAKI,JAPAN

秋の短い期間でしか見ることのできない紅葉と滝のコラボレーションをお楽しみください。

氷瀑

寒さの厳しい冬の時期には滝が凍結する様子はは「氷瀑」と呼ばれ親しまれています。

自然現象なので必ず見られるとは限りませんが、寒ければ寒いほど見られる確率は高まりますので、寒い日が続いた時にはチャンスです!

凍結した滝の神秘的な美しさをご覧になってくださいね。

 

ライトアップ

《袋田の滝ライトアップ》

袋田の滝ライトアップ

『袋田の滝』では11月上旬〜1月下旬にかけてライトアップイベントが開催されます。

「大子来人〜ダイゴライト〜」と題されたこのイベントでは、大子の自然・星空・水を表現した光のトンネルや、雄大に落ちる滝へのライトアップが行われます。

自然の美しさと、光の輝きが作り出す空間は非常に幻想的です。

2019年は11月1日(金)〜2020年1月31日(金)の開催です。

イベント自体は無料ですが、袋田の滝トンネル利用料金がかかります。

『袋田の滝』周辺のおススメグルメ!

『女将の味 奥久慈りんごのアップルパイ』1パック900円

地元産の「奥久慈りんご」を使い、「滝味の宿豊年万作」の女将考案のレシピで作ったアップルパイです。

袋田の滝のある大子町ははりんごの産地です。

木の上で熟してから収穫する深い甘みとさっぱりした酸味のバランスの「樹上完熟」のりんごを贅沢に使用し、たっぷりのバターで焼き上げたアップルパイはリピーター続出の大人気の美味しさです。

館外駐車場にはアップルパイ専用の売店がありますので、売り切れる前にご購入くださいね。

《所在地》

〒319-3523茨城県久慈郡大子町袋田169-3

『袋田の滝』 近くの観光スポット

『袋田の滝』周辺のオススメの観光スポットをご紹介します。 

道の駅 奥久慈だいご

『道の駅 奥久慈だいご』はに地元大子の味を楽しめるレストランや大子温泉の源泉から引いた温泉施設、新鮮野菜やお土産が購入できる売店スペースあります。

レストランや売店には奥久慈しゃもやゆば、そばなど大子の名物が揃い、休憩や旅のお土産の購入にぴったりのスポットです。

《所在地》

〒319-3551 茨城県久慈郡大子町大字池田2830-1

《営業時間》

・観光物産館9:00~18:00

・レストラン11:00~18:00

・浴場 11:00~20:00(最終受付は19:30です。)

《休館日》

毎月第1・3水曜日、12月31日、1月1日

 

『大子温泉やみぞ』

大子温泉「やみぞ」では日帰り入浴を楽しめます。

こちらにお出かけになっていただきたい時期は、9月〜1月。

期間限定で地元産のりんごを湯船いっぱいに浮かべた名物りんご風呂を楽しむことができます。

地元のりんご農家と契約し、毎日100個以上のりんごを投入したりんご風呂は甘酸っぱい香りが漂い、リフレッシュできますよ。

《所在地》

茨城県大子町矢田524-2

《営業時間》

11:00~19:30(閉館は20:00、火曜は13:00~)

《入浴料》

・9月〜1月 大人800円/小人500円/幼児無料

・2月~8月 大人600円/小人400円

まとめ

『袋田の滝』には都心からだと常磐道を通って車で2時間ほどなので、日帰りの観光にはぴったりですね。

ただし、紅葉のシーズンなどは道がとても混雑しますのでお時間にゆとりをもってお出かけください。

どの季節にお出かけになっても、素晴らしい風景を楽しむことができる『袋田の滝』。

周辺の観光スポットも合わせてお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました