「黒潮市場」に行ってきた!うちわえび安い!営業時間・駐車場情報!

スポンサーリンク

長崎県の諫早市にある「黒潮市場」は、魚と農産物を扱っているお店です。

県外の人が初めて行ったら驚きますよ!魚がとても安くてそして新鮮なので、私も衝撃を受けました!

黒潮市場で毎週魚を買いに行くというのが恒例となっています♪

そんな、「黒潮市場」の魅力について写真を交えてレポートしていきたいと思います♪

スポンサーリンク

黒潮市場へのアクセス・駐車場

住所

長崎県諫早市貝津町1506

 

営業時間

9:00~20:00

 

アクセス方法

車で行く場合

諫早市の国道34号線の貝塚交差点を大村方面へと向かって左折→200mほどすすむと右手にあります。

 

駐車場

黒潮市場の駐車場はわりと大きなものがあります。ですが、土曜日の朝は駐車場の争奪戦となります。いついっても混雑していますよ。

しかし、長居する場所ではありませんのでぐるぐると回っていればいつかは入ることが出来ます。

人もたくさん歩いていますので注意してくださいね。

黒潮市場には何があるの?何が魅力なの?

黒潮市場の魅力は海産物です。いつもスーパーで加熱用しか見た事のないようなものが刺身用で売っています。アジの刺身用やカツオの刺身用なんかもよく購入しますよ。

店内はこのような感じでとても賑わっています。レジに行くのにも長蛇の列になっています。通路はすれ違うのがやっとの大きさなのですがそこに人が密集します。おさかなの種類も豊富ですね~!

この日は外には貝類がたくさん並んでいました。この時は11月だったので冬になってきたなと感じますね。ホッキ貝もとても大きくて美味しそうでした。バンバンうれてましたよ♪

冬になってくるとカキがたくさん出てくるようなイメージがあります。生ガキもとても安い値段で売られていますよね。こんなに安く手に入ることは地元の人でなければ衝撃なのではないでしょうか。牡蠣焼き用のカキも1kg入って550円ととてもお得に売っています。各家庭でBBQのように牡蠣焼きをやったりするのですよ。私もこの冬はやります♪

知る人ぞ知る珍味である、うちわえびがこんなにたくさんいました。

ちょっとゾッとしますよね笑

しかし、その味はイセエビを超えるといわれています。ぷりっぷりで味が濃厚でとっても美味しいです!私の大好物で行くたびに購入します。

今回はパックで購入しました。裏側気持ち悪いですよね笑すみません。これは買った時にはまだ生きていてパックを突き破る輩もいたりしました。とっても元気です。さばくのはとても簡単で新鮮な所をお刺身にして、頭はミソごと味噌汁にします。美味しすぎて涙が出ます。

今回は、他にもキンメダイを購入しました。刺身用です。この目の美しさが分かりますでしょうか。一尾で900円でした。刺身用なので、半身は刺身で、もう半身は漬とタイ飯、頭はあら煮にしましたが味が濃厚でとっても美味しかったです。以前は50cm程のひらすを1匹まるまる400円で購入しました!しかも、刺身用です。衝撃ですよね!近所の奥様方が大喜びしていました。

実は、黒潮市場の魅力は海産物だけではありません。野菜も衝撃価格なのです。ちょっとかぶってしまって価格表示が見えませんが大根は7本ほど入って298円でした。私もこれを購入しましたが、6kgのわが子よりも重かったです。これは漬物にしたりして使用しました。そのような使い方をする人が多いのでたくさんの量で安く購入することができるのです。店内にももっといろいろな種類の野菜や果物がたくさん置いてあります。ここに行けばしばらく何も買わなくてもいいよねという程揃ってしまいます。

長崎県の市場!牡蠣が激安!

まとめ

「黒潮市場」の海産物がなぜこんなにも安いのかといいますと、まずは処理をしてくれないという所にあります。自分でさばく必要がありますので苦手な方は嫌だと思います。私は魚をさばくのも好きだし余すことなく食べることが出来ますので嬉しいですが。これがとっても新鮮なものばかりなので本当にオススメです。

土曜日が特価となっていて品物も普段よりもかなり増えますので、是非とも土曜日の朝に行ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました