2020年『天平の丘公園』桜満開!天平の花まつり・駐車場情報!

スポンサーリンク

下野市国分寺にある『天平の丘公園(てんぴょうのおかこうえん)』。

昔からの自然林がが残り多くの史跡があることで知られる、約11haの広大な公園です。

また、園内には約450本の桜が植えられ、種類の違いから約一ヶ月にわたってお花見を楽しむことができます。

根尾淡墨桜、山高神代桜、三春滝桜の日本三大桜や盛岡石割桜など、名立たる桜の子孫樹が生きる『天平の丘公園』の桜の魅力や見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

『天平の丘公園』アクセス・基本情報

『天平の丘公園』の基本情報やアクセス方法をご紹介します。

  • 所在地

栃木県下野市国分寺993-1

  • 入園料

無料

  • 電車でのアクセス

JR「小金井駅」下車後タクシーで10分

  • 車でのアクセス

・東北自動車道「栃木IC」下車後20分

・北関東自動車道「壬生IC」下車後15分

駐車場は桜の開花シーズンのみ有料(400円)です。

『天平の丘公園』2020年桜の開花・満開予想、見ごろは?

『天平の丘公園』には様々な種類の桜が植えられ、それぞれ見ごろの時期が異なります。

・淡墨桜 3月下旬~4月初め

・八重桜 4月中旬~下旬

この他の種類も合わせては『天平の丘公園』では3月〜4月下旬にかけて桜を楽しむことが出来ます。

『天平の丘公園』桜祭り・イベント情報

日本三大桜の子孫樹『三春滝桜・根尾淡墨桜・山高神代桜』

『天平の丘公園』には日本三大桜の子孫樹が植えられています。

・『三春滝桜』

るで滝のように枝を垂らす鮮やかな色のベニシダレザクラです。

・『山高神代桜』

神代の花を咲かせる日本最古といわれているの桜です。

・『根尾谷淡墨桜』

蕾のときは薄桃色、満開は白色、散りぎわには淡く墨色を帯びることから薄墨桜と呼ばれています。

国の天然記念物に指定されている桜は、やはり迫力が違います。

強い生命力を感じさせてくれる圧巻の桜を是非ご覧ください。

 

『天平の花まつり』

《【栃木の桜】天平の丘公園「天平の花まつり」2019 》

【栃木の桜】天平の丘公園「天平の花まつり」2019

3月中旬から5月初旬の長い期間にかけて行われるおまつりです。

地元商店の出店、ステージでの歌謡ショーやキャラクターショー、ロードレイン「坊っちゃん列車」の運行など、大人から子供まで楽しめるイベントがたくさん開催されます。

開催期間の間にはお祭りのメインテーマが変わります。

・淡墨桜期間:3月中旬〜3月下旬

・花しらべ期間:4月上旬

・花まつり期間:4月中旬〜4月下旬

・5月連休期間:GW期間中

淡墨桜や八重桜など約470本もの桜が時期ずらしながら咲く『天平の丘公園』ならではの桜まつりです。

 

2020年 天平の花まつり日程

2020年3月20日(金・祝)~5月6日(水・祝)

 

※残念ながら中止が発表されました。

大変残念なのですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中止が決定いたしました。

しかし、感染を拡大するわけにもいきませんから、仕方ないですよね。。。。


でも桜は咲きます!!

桜を見に行く際には、感染予防の自己管理をしっかりして桜を楽しみましょうね!

 

 

夜桜ライトアップ

3月下旬~4月下旬まで夜桜ライトアップが行われます。

3月下旬頃には淡墨桜ライトアップ、4月中旬頃には八重桜ライトアップがそれぞれ行われます。

桜のライトアップと共に約1,500個のボンボリの点灯も行われます。

行く時期によって違う種類の桜のライトアップが見られるのも『天平の丘公園』の魅力ですね。

 

古民家カフェ『10 picnic tables』

2018年4月に、それまで民俗資料館として利用されていた古民家がリノベーションされ、古民家カフェ「夜明け前10 picnic tables」がオープンしました。

創作イタリアンのお惣菜や、コーヒーやスイーツをテイクアウトできます。

購入した食べ物はお隣のシェアスペース『夜明け前』で食べることも出来ますし、敷地内にシート敷いてゆったりとお花見気分で楽しむのも良いですね。

《営業時間》

11:00~17:00(ランチ11:00~14:00)

《定休日》

木曜日/第3水曜日

『天平の丘公園』 近くのおすすめ花見スポット

『天平の丘公園』周辺のおすすめのお花見スポットをご紹介します。

『東雲さくら橋』

『天平の丘公園』から車で10分ほどの東雲公園内の黒川両岸を結ぶ歩行者専用の吊り橋です。

3月〜4月の桜のシーズンには沿岸の桜が美しく咲き誇り、お花見や散策を楽しめます。

夜にはライトアップもされますので夜桜を見ながら散策もできますね。

《所在地》

〒321-0214 栃木県下都賀郡壬生町壬生甲600地先

まとめ

「天平の花まつり」は期間も長く、様々な催しが行われますので様々な年齢の方が楽しめるイベントだと思います。

是非、ご家族皆さんでお出かけになってください。

日本三大桜の子孫樹『三春滝桜・根尾淡墨桜・山高神代桜』など見応えある桜を存分に楽しめる『天平の丘公園』でお花見を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました