関東・横浜で1年中いちご狩り?!「東京いちご狩りパーク」はビュッフェも食べられる!

スポンサーリンク

横浜で1年中いちご狩りを楽しめる場所があるという事をご存じでしょうか。

そんな夢のような話がこの「東京ストロベリーパーク」では可能なのです!

電気のちからで美味しいいちごがすくすくと育っているのです。

 

そんな、「東京いちご狩りパーク」について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

「東京いちご狩りパーク」はどこにあるの?駐車場は?

〇住所

神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1

 

〇アクセス方法

・電車で行く場合

JR鶴見駅東口・京急本線東急鶴見駅→横浜市営バス(約15分)7番乗り場横浜さとうのふるさと行き(181系統)→横浜火力発電所前→目の前

 

・車で行く場合

鶴見駅方面→東電火力発電所前の次の信号を右折→突き当りを右折して道なり→信号を左折→2つ目の信号手前の30m手前を左折

 

大黒大橋方面→東電火力発電所前の次の信号の手前30mを左折

*カーナビには、住所又は横浜火力発電所かトゥイニーヨコハマと入力してください

 

〇駐車場

大きなものがありますので安心して車で行けます

「横浜ストロベリーパーク」の料金は?予約は必要?

〇料金

1月~6月:大人2,100円、小学生以下1,600円、3歳以下無料

7~12月:大人3,100円、小学生以下2,600円、3歳以下無料

持ち帰りカップ:1月~6月300g900円、7~12月300g1,500円

 

1年中いちご狩りができるとはいえ、シーズン以外では結構高いお値段となります。スーパーで買うとしてもとっても高いので仕方がないですね。

この値段で食べ放題なのでお得なのかもしれませんよね。

 

〇予約

完全予約制となっています。公式HPにて予約をすることができます。

「東京ストロベリーパーク」のいちご狩りのシステムは?魅力は?

〇営業時間

平日:11:00~16:00

土日祝:10:00~18:00

*定休日:水曜日

*年末年始は12/30~1/1までお休みです

 

〇時間

30分食べ放題

 

〇コース

食べ放題コースとカップコースを選択することができます。カップコースでは自分で摘んだいちごをカップにつめて持ち帰ることが出来ます。カップコースの場合にはその場で食べる事は出来ません。

 

〇いちごの種類

HPで公表はしていませんが、時期によって異なる品種を栽培していますのでいつも違う種類のいちごを楽しむことが出来ます!何種類かありますので食べ比べが出来ますよ!

 

〇練乳

練乳はありませんので注意してください

ここの魅力は1年中いちご狩りが楽しめるという所ですよね。

いちご狩りが好きな方は行くとびっくりしますよ。陶器のような入れ物で育っているいちごを食べる事になります。やはり太陽の光で育てていないと甘くないのでは?!と思いますが、むしろとっても甘いです。何故でしょうね、不思議です。

とにかくいちごが美味しくないかもしれないという心配はしなくて大丈夫です!

 

〇ビュッフェ

ここでは、なんとビュッフェも食べることが出来るのです!こんな事他ではありえませんよね。もちろんいちごのメニューもありました。いちご大福とあります。種類も豊富なのでお子さんと一緒に行っても楽しめるのではないでしょうか。

私のオススメは、いちごはお持ち帰りコースにして、ビュッフェを食べるというのがいいかと思います。

 

〇いちごラボ

いちごを研究しつくして最も美味しいと思えるスイーツを日々制作している場所です。パフェ!これがまた生クリームがさっぱりとしていていちごに合う味付けとなっていてまた食べたい!と思うような魅力的な美味しさなのです。ドリンクもありますので少し休憩したいときにもいいですよね。ピンクのイスとピンクの天井に囲まれた空間でいちごまみれになりましょう。

まとめ

「東京ストロベリーパーク」では、いちごのおいしさを色々な形で味わう事の出来る場所です。

いちご狩りをするだけのために行く場所ではありませんので、もう今日はいちごの日!と決めていちごづくしを堪能しましょう。

いちご好きにとってはこれ以上ない幸せな気分となりますよ。館内すべていちごの雰囲気が漂っていてインスタ映えに最適♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました