2020年『万博記念公園』桜まつりの日程やライトアップ情報も!

スポンサーリンク

1970年に開催された日本万国博覧会の会場となった敷地を整備し、造られた『万博記念公園』。

当時の先端技術を駆使して建てられたパビリオンが林立していました。

現在でも、「太陽の塔」をはじめ、レジャー施設や日本庭園、民族博物館など、多くの人が利用する公園です。

そんな『万博記念公園』は大阪でも人気のお花見の名所でもあります。

各パビリオンを撤去した跡に作られた広大な芝生の広場では、春になるとたくさんの桜が美しく咲き誇り、訪れた人を楽しませています。

「日本さくら名所100選」にも選ばれた『万博記念公園』の桜、その魅力や見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

『万博記念公園』アクセス・基本情報

『万博記念公園』の基本情報やアクセス方法をご紹介します。

  • 所在地

〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1

  • 電車の場合

・大阪モノレール「万博記念公園駅」または「公園東口駅」下車。 

  • 車の場合

中国自動車道中国吹田IC下車後すぐ。

駐車場は園内に5カ所あります。

ただし、16時半以降は中央駐車場・日本庭園前駐車場のみしか利用が出来ませんのでご注意ください!

《駐車料金》

・平日 2時間まで410円、2時間超3時間まで620円、3時間超4時間まで830円、4時間超24時間まで1,100円

・土曜日・日曜日・祝日 2時間まで620円、2時間超3時間まで930円、3時間超4時間まで1,240円、4時間超24時間まで1,600円

二輪車は曜日問わず210円/日です。

※EXPOCITYが運営する駐車場は料金が異なりますのでご注意ください。

《開園時間》

9:30〜17:00

入園は閉園の30分前までです。

《休園日》

毎週水曜日

水曜日が祝日の場合は翌日木曜日が休園となります。

《料金》

・日本庭園・自然文化園共通               

大人260円/小中学生80円

『万博記念公園』2020年の桜の見ごろは?

『万博記念公園』の桜の見ごろは「3月下旬~4月上旬」です。

9種類約5500本の桜が植えられています。

3月の中頃からカンヒザクラやヒガンザクラが咲きはじめ、その後ソメイヨシノ、シダレザクラ、そして4月中旬からはサトザクラと長い期間お花見を楽しむことができます。

『万博記念公園』桜まつり、見どころ、イベント情報

桜まつり

『万博記念公園』では桜の見ごろを迎える3月下旬〜4月上旬にかけて、桜まつりが開催されます。

開催場所は自然文化圏を中心とした園内全体です。

露店の出店や、ステージパフォーマンスか開催される他、日本庭園茶室「千里庵」でのお茶の振る舞いや、東の広場西側園路では「全国大陶器市」が開催されるなど、イベントが盛りだくさんです。

桜まつり開催中の賑やかな園内でお花見をお楽しみください。

桜まつり 開催日程 決定!

2020年3月20(金・祝)~4月12日(日)

 

※3/30現在

※残念ながら中止が発表されました。

大変残念なのですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中止が決定いたしました。

しかし、感染を拡大するわけにもいきませんから、仕方ないですよね。。。。

 

万博記念公園は開園しております。

散策で桜を楽しむことはできますよ!

桜を見に行く際には、感染予防の自己管理をしっかりして桜を楽しみましょうね!

 

ライトアップ

《万博記念公園の夜桜》

万博公園の夜桜

『万博記念公園』では桜まつりの開催期間に合わせて、自然文化園東大路にて夜桜ライトアップが行われます。

時間は18:00~21:00(最終入場20:30)です。

『万博記念公園』では通常のライトアップに加え、青、白、ピンクなどカラフルなライトアップも行われます。

夜桜とともに、夜空に浮かび上がるように立つ“太陽の塔”や、ライトアップされたエキスポシティの観覧車を同時に楽しむことができますよ。

他とは一味違う『万博記念公園』の夜桜ライトアップをお楽しみください。

※17:00以降は夜間開園エリア以外への立ち入りはできません。

16:30以降は中央口、東口、日本庭園前からのみ入園可能ですのでご注意ください。

『万博記念公園』近くのおすすめ花見スポット

『万博記念公園』周辺のおすすめのお花見スポットをご紹介します。

『大阪城公園』

大阪の中心に位置し、人気の観光スポットでもある『大阪城公園』は、『万博記念公園』と並ぶ大阪を代表するお花見スポットでもあります。

大阪城天守閣と取り囲むように咲く桜は園全体で約2000本、見どころでもある「西の丸庭園」には約300本と非常に華やかな雰囲気でお花見を楽しむことができますよ。

「御座船」に乗って、お堀から優雅にお花見を楽しむのも良いですね。

桜の開花に合わせて「西の丸庭園」では夜桜のライトアップイベント『観桜ナイター』も開催されますので、昼間のお花見と合わせて夜桜もお楽しみください。

《所在地》

〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城

《観桜ナイター入園料》

350円(中学生以下入場無料)

《観桜ナイター開催時間》

18:00〜21:00(最終入場は20:30)

まとめ

『万博記念公園』では太陽の塔の周辺はじめ、園内のいたるところに桜の見どころが点在しています。

桜並木越しに見る太陽の塔はもちろん美しいですが、広い園内でお気に入りの桜のビュースポットを見つけてくださいね。

昼も夜も見応えある桜を楽しめる『万博記念公園』で、お花見をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました