2020年『吉野山(上千本)』桜の見頃や花矢倉展望台・駐車場情報

スポンサーリンク

奈良県吉野郡吉野町にある『吉野山』。

古くからの修験道の聖地であり、ユネスコの世界文化遺産に登録された寺社仏閣や美しい自然が人気です。

そんな『吉野山』は桜の名所として非常に有名です。

役行者が蔵王権現を桜の木に彫ったことから桜の木が神木とされるようになり、次々と桜の木が植樹されていき、今では山一面をピンク色に染めるほどの桜が植えられています。

『吉野山』の桜は山麓から下千本・中千本・上千本・奥千本と四箇所に密集して咲いています。

桜が谷や尾根を埋めるように咲き誇る姿が”一目に千本見える豪華さ”であることから「一目千本」とも言われます。

今回は、桜の開花シーズンには沢山の人が訪れる『吉野山』の『上千本』にスポットを当てて見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

『吉野山(上千本)』アクセス・駐車場情報

『吉野山(上千本)』へのアクセス方法をご紹介します。

  • 所在地

〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町大字吉野山1712

  • 電車でのアクセス

近鉄「吉野駅」下車後〜上千本入口まで徒歩約40分。

観桜期には吉野駅より中千本行き臨時バスが運行しますので、そちらで上千本近辺までは行くことも可能です。

※観桜期以外には、吉野山各所から出ている有料バスで上千本に行く事が可能です。

  • 車でのアクセス

・南阪南道路「葛城IC」下車

・西名阪自動車道「柏原IC」下車

下千本駐車場に駐車後、上千本入口まで徒歩約30分です。

上千本近辺にも駐車場はありますが、観桜期には朝からマイカー規制がかかりますので車の入出庫が出来ませんのでご注意ください!!!

混雑緩和や交通規制のためマイカー規制が行われ、上千本エリアは車での移動が非常に難しくなります。

観桜期の週末には「郊外駐車場」をご利用いただき、そこから運行される無料シャトルバスをご利用ください。

2020年 『吉野山(上千本)』 桜の見頃は?

『吉野山(上千本)』の桜の見ごろは「4月中旬~4月下旬」です。

『吉野山(上千本)』見どころ、イベント情報

ライトアップ

『吉野山(上千本)』では、3月24日(火)~4月22日(水)にかけて夜桜のライトアップが行われます。

吉野山全体で行われるライトアップイベントですが、上千本エリアのでは「大塔の宮迎徳碑付近」がライトアップされます。

《ライトアップ開催時間》

18:00〜22:00

※それぞれのエリアの桜の開花状況によって、ライトアップの開催時期は異なりますので、ご確認の上お出かけください。

花供会式

毎年、4月11日・12日には、吉野山の桜を金峯山寺本尊・蔵王権現にお供えする『花供会式』が行われます。

奴行列を先頭に信徒らが行列をつくり、中千本の竹林院から奥千本の蔵王堂まで練り歩きます。

桜の観桜期の吉野山が最も賑わう行事です。

 

花矢倉展望台

吉野山の獅子尾坂を登った先にある『花矢倉展望台』までは、下千本駐車場からは徒歩約60分。吉野駅からは徒歩約70分です。

標高約600mにある『花矢倉展望台』からは、上千本、中千本、蔵王堂に桜を見下ろすように鑑賞することができます。

大パノラマとともに吉野山の桜を堪能できる、おすすめの絶景スポットです。

観桜期のみ期間限定で茶屋もオープンしますので、絶景を眺めながらお食事もお楽しみください。

『吉野山(上千本)』 近くのおすすめ花見スポット

『吉野山(中千本)』周辺のおすすめのお花見スポットをご紹介します。

『吉野山(中千本)』

『吉野山(上千本)』よりも麓に近いエリアでもお花見が楽しめます。

『吉野山(中千本)』には、中千本エリアの最上部にある「中千本公園」まで、観桜期には近鉄吉野駅から「中千本公園行き」の臨時シャトルバスが出ているため、アクセスが良好です!

中千本エリアのライトアップの開催場所は「五郎平茶屋」付近です。

360度どこを見ても桜の木に囲まれた「五郎平茶屋」は昼も夜も美しい景観をたのしめますよ。

さらに世界遺産『吉水神社』は、豊臣秀吉が花見の本陣としたとの逸話も残るお花見の名所です。

境内からは、中千本と上千本の桜を一望することができる『吉野山』の中でも人気の桜のビュースポットです。

《吉水神社の基本情報》

・拝観料400円

・拝観時間9:00〜17:00

『吉野山(下千本)』

こちらも吉野山の桜です。

ロープウェイ「吉野山駅」から徒歩ですぐですので、上千本・中千本エリアよりもより手軽に吉野山の桜を楽しむことができます。

『吉野山(下千本)』の桜の見どころは「七曲坂の桜」です。

「七曲坂の桜」をより美しく見るためのおすすめスポットは、「お野立ち跡」と呼ばれる展望台です。

昭憲皇太后が吉野山を訪れた際に桜を鑑賞された「お野立ち跡」からは、眼下に広がる「七曲坂の桜」を一望できます。

下千本エリアのライトアップの開催場所は「七曲坂の桜」ですので、是非、夜桜もお楽しみください。

まとめ

通常は車で走行可能な『吉野山(上千本)』ですが、観桜期には一方通行等の交通規制があり、徒歩での移動が主となります。

急な坂道もありますので、しっかりとした準備でお出かけになってくださいね。

奈良県の桜の名所『吉野山(上千本)』で見応えのある桜をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました