2020年『大内峠一字観公園』桜の見ごろ・アクセス・周辺観光情報

スポンサーリンク

京都府与謝郡にある『大内峠一字観公園』は素晴らしい天橋立の景色を望むことのできる公園です。

展望デッキやテントサイトや炊事棟、自然歩道などら自然と一体となって楽しめる公園です。

 

天橋立を横一文字に眺められることから『大内峠一字観公園』からの眺めは「一字観」とも言われています。

その美しい光景は松尾芭蕉や与謝蕪村、与謝野寛、与謝野晶子など古くから多くの歌人に愛され多くの歌碑、句碑が残されています。

 

そんな『大内峠一字観公園』はその素晴らしい景観とともに、美しい桜を楽しめるスポットでもあります。

「京都の自然200選」にも選定されている『大内峠一字観公園』の桜の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

『大内峠一字観公園』アクセス、基本情報

『大内峠一字観公園』の基本情報やアクセス方法をご紹介します。

 

  • 所在地

〒629-2263 京都府与謝郡与謝野町弓木3211

 

  • 開園期間

4月1日~11月30日

※テントサイトなどの利用受付は毎年3月20日からです。

 

  • 電車でのアクセス

京都丹後鉄道(丹鉄)宮豊線「天橋立駅」よりバスまたはタクシーで約15分

 

  • 車でのアクセス

京都縦貫自動車道「宮津天橋立IC」下車後25分

 

■開園期間

4月1日~11月30日(利用受付:毎年3月20日から)

公園への入場は無料ですが、パノラマコテージ、テントサイト、炊事棟などの使用に関しましてはホームページやお電話でご確認ください。

12月1日~3月19日まではお問い合わせや予約はできませんのでご注意ください。

2020年『大内峠一字観公園』桜の見ごろは?

『大内峠一字観公園』の桜の見ごろは「4月上旬~4月中旬」です。

大内峠全体で約100本のソメイヨシノ、ヤエザクラが植えられています。

『大内峠一字観公園』見どころ情報

天橋立×ソメイヨシノ

《京都府 大内峠から天橋立と桜》

京都府 大内峠から天橋立と桜

丹後半島の入口部に位置する『大内峠一字観公園』は、その眺望の良さに人気があります。

標高166mの『大内峠一字観公園』展望台から天橋立の方面を見れば、松並木を一望することができます。

松並木が横一文字に並んで見えることから「一字観」と呼ばれ、阿蘇海と松並木とが美しく見られると人気のスポットです。

春になると『大内峠一字観公園』に桜が咲き誇り、その「一字観」を背景にして美しい桜を楽しむことができます。

海の青・松並木の緑に、桜のピンク色が映え、より素晴らしい景観となります。

『大内峠一字観公園』近くのおすすめ花見スポット

『大内峠一字観公園』周辺のおすすめのお花見スポットをご紹介します。

『丹後松島展望所』

『大内峠一字観公園』から車で約40分、丹後半島の反対側に位置する『丹後松島展望所』。

丹後松島は、大小の島々とリアス式海岸のつらなる風景が、日本三景の一つ、宮城県の松島に似ていることからその名が付けられました。

日本海を一望できる景勝地である『丹後松島展望所』には、桜の木が植えられ、春になると丹後松島の美しい景色を背景に桜を鑑賞出来ることで人気のスポットです。

半島ならではの美しい春の景観を『丹後松島展望所』でお楽しみください。

 

《所在地》

〒627-0232 京都府京丹後市丹後町此代

まとめ

日本三景天橋立を見下ろすように造られた『大内峠一字観公園』は、最高のロケーションとともに桜を楽しむことができるスポットです。

『大内峠一字観公園』内の芝生広場には、ブランコやすべり台などの遊具があり、予約制にはなりますがバーベキューやキャンプも楽しめますので、ご家族での春の行楽にはぴったりですね。

 

今回ご紹介した以外にも、海沿いをまわるように通る国道178号線沿いには、日本海の絶景と美しい桜を同時に楽しめるスポットが沢山あります。

どうぞドライブを楽しみながら、丹後半島の桜を満喫してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました