2020年『四天王寺』桜の極楽浄土の庭・アクセス・拝観料情報!

スポンサーリンク

大阪府大阪市に『四天王寺』は、聖徳太子が四天王を安置するために建立したと伝えられる日本初の本格的な仏教寺院です。

 

総敷地面積33000坪の広大な広さの境内には、聖徳太子を祀る「太子殿」や、近畿三十六不動尊第一番の霊場「亀井不動堂」、日本庭園「極楽浄土の庭」など、たくさんの歴史的価値のあるスポットがあります。

また、毎月21日には大師会、22日には太子会が開かれ、縁日が催されるなど、法要だけではなくたくさんの人で賑わいます。

 

そんな『四天王寺』は、都会にありながらも本格的な仏教寺院とともに桜を楽しめる人気のスポットでもあります。

 

たくさんの歴史的建造物とともに美しい桜が楽しめる『四天王寺』の桜の見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

『四天王寺』アクセス・基本情報

『四天王寺』の基本情報やアクセス方法をご紹介します。

 

  • 所在地

〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1−11−18

 

  • 電車でのアクセス

JR「天王寺駅」下車後徒歩12分

 

  • 車でのアクセス

阪神高速1号環状線「夕陽丘IC」下車後約6分

駐車場は有料、200円/30分です。

 

拝観時間

・4~9月

8:30~16:30※毎月21日8:00~17:00

・10~3月

8:30~16:00※毎月21日8:00~16:30

・六時堂

8:30~18:00※毎月21日8:00〜

 

拝観料

お堂や境内は無料ですが、中心伽藍・極楽浄土の庭・宝物館の3ヶ所は有料となります。

・中心伽藍

大人300円/高大生200円

・宝物館

大人500円/高大生300円

・本坊庭園

大人300円/小中高大200円

2020年『四天王寺』桜の見ごろは?

『四天王寺』の桜の見頃は3月下旬から4月上旬です。

極楽浄土の庭の桜を楽しめます。

極楽浄土の庭は拝観料が必要になりますのでご承知おきくださいね。

『四天王寺』見どころ

境内にある『極楽浄土の庭』は釈迦の教えを知り、極楽浄土に続く道のりを体験できるといわれている、昭和8年に造園された庭園です。

貪りや執着を表す「水河」と瞋りや憎しみを表す「火河」、その間には衆生の善心と信仰心を表す「白道」が続き、「極楽浄土の庭」に行き着きます。

参拝する際には、参詣者は説話の通り、河に落ちないよう参道の白道を通り極楽浄土の池に鎮座する阿弥陀三尊石の出迎えを受けることになります。

そんな『極楽浄土の庭園』では、四季折々の花木の美しさを鑑賞することができます。

春になると約50本の桜が美しく咲き誇ります。

庭園の緑と桜のピンクのコントラストが美しく、まさに極楽浄土のような風景です。

『四天王寺』近くのおすすめ花見スポット

『四天王寺』周辺のおすすめのお花見スポットをご紹介します。

 

『大阪城公園』

『四天王寺』から車で約10分、大阪の中心に位置し、人気の観光スポットでもある『大阪城公園』は、大阪府の「桜の標準木」も設置されている大阪を代表するお花見スポットでもあります。

大阪城天守閣と取り囲むように咲く桜は園全体で約2000本、見どころでもある「西の丸庭園」には約300本と非常に華やかな雰囲気でお花見を楽しむことができますよ。

「御座船」に乗って、お堀から優雅にお花見を楽しむのも良いですね。

桜の開花に合わせて「西の丸庭園」では夜桜のライトアップイベント『観桜ナイター』も開催されますので、昼間のお花見と合わせて夜桜もお楽しみください。

《所在地》

〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城

《観桜ナイター入園料》

350円(中学生以下入場無料)

《観桜ナイター開催時間》

18:00〜21:00(最終入場は20:30)

『造幣局(桜の通り抜け)』

《SAKURA 大阪造幣局桜の通り抜け2019 》

SAKURA 大阪造幣局桜の通り抜け2019

『四天王寺』から車で約15分、大阪市にある独立行政法人『造幣局』では、八重桜の見頃の4月中旬に『桜の通り抜け』。

『桜の通り抜け』が行われる7日間に限り、造幣局の敷地内の一部が一般公開され、カンザンやフゲンゾウなどの遅咲きのヤエザクラを中心に134品種約340本を鑑賞することができます。

造幣局の桜は「日本さくら名所100選」にも選出された美しさです。

例年、日没後にはライトアップも開催されます。

是非、『桜の通り抜け』の行われる7日間に『造幣局』の桜をお楽しみください。

《所在地》

〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1丁目1-79

まとめ

『四天王寺』は、まわりを高層マンションに囲まれながらも、ここだけは別世界のような静けさで騒音とは無縁の中、美しい桜を楽しむことができます。

 

『四天王寺』でゆっくりと、美しい桜を堪能してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました