2020年『淀川河川公園背割堤地区』桜祭り日程・アクセス情報

スポンサーリンク

『淀川河川公園背割堤地区』は桂川・宇治川・木津川の3つの川がが交わり淀川となるあたりにのことを指します。

宇治川と木津川を隔てるように造られた全長1.4kmの堤防「背割堤」にはたくさんの桜が植えられ、春になると一面ピンク色の美しい桜並木となります。

堤には1970年代までマツの木が植えられていましたが、虫害のためソメイヨシノに植え替えられ、1988年より桜並木の公開が始まり、今では毎年たくさんの人がお花見に訪れる人気のスポットとなっています。

桜のピンクと周辺の緑とのコントラストが美しい『淀川河川公園背割堤地区』の桜の魅力や見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

『淀川河川公園背割堤地区』アクセス・駐車場情報

『淀川河川公園背割堤地区』へのアクセス方法をご紹介します。

  • 所在地

〒614-0000 京都府八幡市

  • 電車でのアクセス

京阪電車「石清水八幡宮駅」下車後徒歩約10分

  • 車でのアクセス

・名神高速「大山崎IC」下車後約10分

・京滋バイパス「久御山淀IC」下車後約10分

※駐車場は通常9:00~17:00の間無料で利用できますが、さくらまつり期間中は閉鎖されます。

ご注意ください。

2020年『淀川河川公園背割堤地区』桜の見ごろは?

《京都の桜2016 割背堤Cherry Blossom in kyoto[4K]》

京都の桜 2016 「背割堤」 Cherry Blossoms in Kyoto [4K]

『淀川河川公園背割堤地区』の桜の見ごろは「4月上旬」です。

約220本のソメイヨシノが植えられています。

『淀川河川公園背割堤地区』見どころ、イベント情報

『令和二年 背割堤さくらまつり』

『淀川河川公園背割堤地区』では、桜の見ごろを迎える3月28日(土)〜4月7日(火)に『令和二年 背割堤さくらまつり』が開催されます。

「さくらマルシェ」が開かれ、地元食材を使ったグルメを楽しむこともできますよ!

芝生の広場もありますので、シートを広げて、美味しいグルメと美しい桜を堪能してくださいね。

《開催日》

2020年3月28日(土)〜4月7日(火)

《開催時間》

9:00〜17:00

※さくらまつり期間中は、駐車場が利用できません。

公共交通機関をご利用ください。

『さくらであい館』

『淀川河川公園背割堤地区』にある『さくらであい館』は三川合流エリアの地域間交流や地域振興、観光周遊の拠点として平成29年春に開業しました。

『さくらであい館』の地上25mの展望塔からは、眼下に広がる桜並木を一望することができます。

また、対岸には天王山、晴れた日には京都タワーも見ることができますので、桜と共に素晴らしい眺望もお楽しみください。

※展望台は桜の時期のみ有料となります。(大人300円/子ども100円)

さくらまつり期間中の展望塔の利用は16:30まで(受付は16:20まで)です。

『淀川河川公園背割堤地区』近くのおすすめ花見スポット

『長岡天満宮』

京都府長岡京市にある『長岡天満宮』。

菅原道真公が祀られ、地元では、「天神さん」と呼ばれ親しまれています。

現在『長岡天満宮』のあるこの地は、平安時代に菅原道真が在原業平らと共に、詩歌管弦を楽しんだと言われている地です。

そんな『長岡天満宮』、ツツジと梅が美しいことで有名ですが、春には境内にある八条ケ池の周囲を美しい桜が囲むように咲く、桜の名所でもあります。

八条ケ池にかかる水上橋からは、美しく咲き誇る桜とともに、まるで鏡に映っているかのような水面に映る桜を楽しむことができます。

桜の見ごろに合わせ夜桜のライトアップも行われ、約60本のソメイヨシノが夜空と水面に浮かび上がります。

《所在地》

〒617-0824 京都府長岡京市天神2丁目15−13

まとめ

まだ、詳細は発表されていませんが、桜の開花シーズンには、宇治川の川上から桜を楽しめる「さくらであいクル-ズ」や「お花見船Eボ-ト」の運行も予定されていますので、河川敷からの眺めと、展望塔からの眺めに合わせて、水上からも桜を楽しんでくださいね。

満開の桜と、周囲の山々の緑、そして水面の輝きが美しい『淀川河川公園背割堤地区』でお花見をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました