2020年『城端曳山祭り』開催日程やアクセス・見どころなどご紹介

スポンサーリンク

富山県南砺市で開催される『城端曳山祭り』。

 

国の重要無形文化財指定やユネスコの無形文化遺産にも登録されている『城端曳山祭り』とは一体どのようなお待ちなのでしょうか?

 

懐かしい街並みの残る越中の小京都“城端”の春を彩る祭り『城端曳山祭り』の概要や見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

『城端曳山祭り』開催日程

『城端曳山祭り』の2020年の開催日は

5月4日(月祝)・5日(火祝)です。

 

5月4日の夜に宵祭が行われ、5日に本祭が行われます。

『城端曳山祭り』開催場所

『城端曳山祭り』の開催場所は「城端神明宮」とその周辺です。

 

『城端曳山祭り』は「城端神明宮」の春季祭礼です。

天照皇大神を主祭神とする「城端神明宮」は、1574年にこの地の惣社として遷座した神社です。

その後は1685年に社殿が再建、1849年に社殿が修築されています。

『城端曳山祭り』アクセス・駐車場・交通規制情報

『城端曳山祭り』が開催される「城端神明宮」までのアクセス方法をご紹介します。

 

  • 所在地

〒939-1867 富山県南砺市城端1669

 

  • 電車でのアクセス

JR城端線「城端駅」下車後徒歩約15分

 

  • 車でのアクセス

東海北陸自動車道「福光IC」下車。

駐車場は臨時駐車場が用意されます。

ホームページなどで公開される2020年のパンフレットを参考に、駐車場をご確認の上お出かけください。

 

交通規制

例年、曳山の巡航路を中心に交通規制が行われますり

こちらは2019年のパンフレットとなります。

今年も同じような交通規制が行われると予想しますので、ご参考にしてください。

※2019年(令和元年)版です。

実際にお出かけの際には、2020年(令和2年)版をご確認の上お出かけください!

『城端曳山祭り』由来・歴史

《【南砺・城端】城端曳山祭》

【南砺・城端】城端曳山祭

『城端曳山祭り』は「城端神明宮」の春季祭礼です。

 

『城端曳山祭り』は1685年の社殿再建の際、始められました。

神輿が造られ、獅子舞や傘鋒の行列が始まったのは1717年、そして1719年に曳山が造られ、1724からは神輿の巡行に曳山が曳航され、今のような曳山祭りの形になりました。

 

1981年に県の無形民俗文化財に指定され、2002年には「城端神明宮祭の曳山行事」として国の重要無形民俗文化財にも指定されました。

また2006年には「とやまの文化財百選(とやまの祭り百選部門)」に選定され、更に2016年には18府県33件の「山・鉾・屋台行事」の中の1件として、ユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、日本国内はもちろん、世界からも注目される歴史あるお祭りです。

『城端曳山祭り』チケット・ツアー情報

特別観覧席/特製弁当(南砺市観光協会)

南砺市観光協会より、曳山会館横で披露される庵唄や曳山のからくりをゆっくりと観賞できる「特設観覧席」や城端曳山祭で販売する特製のお弁当の予約の案内がありますよ!

予約をしておけば、人気のお祭りを間近でゆっくりと見ることができますね。

また、この他にも南砺の魅力を詰め込んだ、地元発の「城端鬼山祭ツアー」も企画中のようなので、情報を見逃さないようにしてくださいね!

 

『城端曳山祭り』おすすめポイント

『城端曳山祭り』の見どころをご紹介します。

 

『庵唄』

《城端曳山祭り“庵唄”》

城端曳山祭り“庵唄”

『庵唄』は、城端の先人達が江戸から持ち帰った端唄や替え歌、小唄調などが伝承されたもので、若連中が三味線や笛、太鼓の囃子にあわせ優雅な唄を披露します。

4日今宵祭りでは庵唄合同披露や庵唄奉納が行われ、5日の曳き廻しの際には約50軒の庵唄の演奏を希望する所望宿で披露されます。

江戸情緒豊かな庵唄の優雅な調べをお楽しみください。

 

『庵屋台』

庵屋台の二階部分は名前の通り江戸時代の料亭や平安貴族の邸宅を模したの料亭、精巧な家屋の模型が乗せられています。

一階はは水引幕で覆われ、その中で先程ご紹介した庵唄の演奏が行われます。

城端塗と木彫刻や金箔で飾られた絢爛豪華な曳山とは違う、独特の雰囲気をもつ『庵屋台』。

曳山と並んでいる様子を見比べると、一見地味な印象も受けますが、細かい部分まで緻密な装飾がなされています。

『城端神明宮春季祭礼』へお出かけの際には、是非間近で見てみてくださいね!

まとめ

『城端曳山祭り』では派手な演出は行われませんが、お囃子の音が響き渡る情緒ある街並みの中を、華やかな庵屋台が練り歩く光景は非常に優雅です。

曳山は5日の夕方からは提灯山になり、日中とは違う雰囲気となりますので、是非、昼も夜も『曳山まつり』をお楽しみください。

 

小京都と呼ばれる南砺で開催される『城端曳山祭り』を情緒溢れる街並みとともにお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました