2020年『大凧あげ祭り』開催日程やアクセス・見どころなどご紹介

スポンサーリンク

埼玉県春日部市で開催される『大凧あげ祭り』。

百数十人のマンパワーによって一気に上空に舞う凧を目当てに、毎年たくさんの人が見物に訪れます。

日本一の大凧が空を舞う『大凧あげ祭り』の概要や見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

開催日程

『大凧あげ祭り』の2020年の開催日は

5月3日(日)・5日(火祝)です。

開催場所

『大凧あげ祭り』の開催場所は「西宝珠花地先江戸川河川敷」です。

アクセス・駐車場・交通規制情報

『大凧あげ祭り』が開催される「西宝珠花地先江戸川河川敷」までのアクセス方法をご紹介します。

  • 所在地

〒344-0102 埼玉県春日部市西宝珠花83

  • 電車・バスでのアクセス

東武鉄道「南桜井駅」下車〜直通シャトルバス乗車

※直通シャトルバスは8:30〜17:30に随時運行されます。

  • 車でのアクセス

東北自動車道「岩槻IC」下車後約30分

臨時駐車場が用意されます。

係の方の指示に従い駐車してください。

由来・歴史

『大凧あげ祭り』のはじまりは江戸時代後期にまでさかのぼります。

江戸時代後期の1841年、各地巡礼をしていた浄信という僧が、江戸川の水運により文化・経済の中心地として非常に栄えていた現在の春日部市西宝珠花に宿泊をしました。

その際に人々を集め、「繭の値段が上がる」と「凧があがる」の意味をかけ、凧をあげて繭の豊作を占う、養蚕の豊作占いの話をしました。

それを聞いて、人々は数十もの凧をあげるようになったと言われています。

その後は、繭の収穫前の旧暦5月の端午の節句には、男子出生のお祝いとして各戸では子どもの名前や紋章を書いた凧を造り、凧揚げることが風習となり、凧揚げ祭りへと発展し、現在も続けられています。

おすすめポイント

『大凧あげ祭り』の見どころをご紹介します。

百畳もの大凧

《「令和」祝い大だこ舞う 埼玉の江戸川 100畳分》

「令和」祝い大だこ舞う 埼玉の江戸川、100畳分

上若と下若がそれぞれ揚げる“大凧”です。

縦15m、横11m、重さ800㎏、畳百畳分もの大凧が大空に舞い上がる姿は圧巻の一言です。

春風を受け大空に舞い

大凧は、「庄和大凧文化保存会」の方が、和紙と竹を使いながら約3ヵ月もかけて作成するものです。

大凧揚げは、凧合戦が盛んに行われるようになった古く続いているもので、明治の初期には現在の大凧の半分くらいの大きさになり、明治中期には現在のような大きさの凧となりました。

800kgもある大凧を勇ましい掛け声とともに、春風にのせ大空に乗せ舞い上げる若衆達の勇姿を是非ご覧になってください。

『初節句祝い凧』

元来、この土地での凧あげ祭りは、養蚕を占うものでした。

それが、男子誕生を祝うお祭りとなり、凧揚げが端午の節句の祝い行事となっています。

今年2020年は、平成31年1月1日~令和元12月31日生まれのお子様が、大凧への子どもの名前の貼り付け・大凧・小凧の前での記念撮影・子どもの名前が書かれた凧、記念手ぬぐいの贈呈の対象となっています。

もちろん、女の子や市外在住者でもご参加することができますよ!

天に勢いよく舞い上がる凧のように、子どもたちの健康と幸福な成長を願う『大凧あげ祭り』で思い出に残るお祝いをしてみませんか?

申し込みは令和2年2月28日(金)まで、費用は15000円です。

詳しくは春日部市のホームページをご覧になってください。

※4月3日(金)まで大凧を空高くあげる引手も募集していますよ!

おすすめのイベント

『大凧揚げ祭り』に関連するイベントをご紹介します。

第32回春日部大凧マラソン大会

『大凧あげ祭り』開催の間の日にあたる5月4日(月祝)には、庄和総合公園周辺や江戸川河川敷を会場として『春日部大凧マラソン大会』が開催されます。

郵便振替による申込みの締切は過ぎてしまいましたが、大会出走権を返礼品としたふるさと納税の締切は2月14日(金)、ランネットの締切は2月21日(金)です。

コースは2㎞、5㎞、10㎞、ハーフとあります。

2020年大会では、参加賞として大会オリジナルデザインの冷感クールタオルがもらえますよ!

爽やかな気候の5月上旬に行われる『春日部大凧マラソン大会』に参加してみてはいかがでしょうか?

まとめ

会場では子供からご高齢の方までみんなで一緒に凧揚げをします。

そんな光景もこの『大凧あげ祭り』ならではですね。

『大凧あげ祭り』は、もちろんスケジュールはあきますが、凧が揚がるには一定以上の良い風がないといけません。

そのため、見物の方は待ち時間も発生しますので、レジャーシートなどを持って、ゆっくりとお祭りを楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました