2020年石上神宮『神剣渡御祭(でんでん祭り)』日程・見どころ紹介

スポンサーリンク

奈良県で開催されます石上神宮『神剣渡御祭(でんでん祭り)』では田植の神事が執り行われます。

 

太鼓を打ち鳴らす「でんでん」という音からでんでん祭りとも呼ばれて地域の方から親しまれてきました。

 

とても厳かな雰囲気の中行われる神事は見ごたえがありますよ!

 

そんな、石上神宮『神剣渡御祭(でんでん祭り)』について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

石上神宮「神剣渡御祭(でんでん祭り)」の日程は?

日程

2020年の石上神宮『神剣渡御祭(でんでん祭り)』について紹介します!

6月30日(火)

 

平日ですので、前もってスケジュールしておきましょう!

会場

石上神宮

住所:奈良県天理市布留町383

石上神宮「神剣渡御祭(でんでん祭り)」のアクセス

電車で行く場合

大阪難波→近鉄難波(奈良行)→大和西大寺で乗り換え→天理行→天理駅

 

京都→近鉄 京都駅(天理行)→天理駅

 

神戸→阪神なんば線 三宮(奈良行)→近鉄奈良線 大和西大寺で乗り換え→天理

 

天理駅より徒歩30分

 

天理駅よりバスで行く場合

 

奈良交通バス苣原行き→天理石上神宮前停留所→徒歩5分

 

車で行く場合

四日市ジャンクション→関ジャンクション→(名阪国道)→天理東インターチェンジ

 

神戸ジャンクション→東大阪ジャンクション→(近畿道)→松原ジャンクション→(西名阪道)→天理インターチェンジ

 

米原ジャンクション→(東神高速道)→巨椋インターチェンジ→(大久保バイパス)→城陽インターチェンジ→(京奈和自動車道)→木津インターチェンジ→(国道24、25線)

 

名阪国道 天理東インターチェンジ→約5分

西名阪自動車道 天理インターチェンジ→約15分

 

駐車場

石上神宮には駐車場があります。

 

第一駐車場:収容台数20台

第二駐車場:収容台数50台

第三駐車場:収容台数80台

第四駐車場:収容台数:50台

 

巨大な駐車場が用意されていますね。

最寄り駅から少し距離がありますので当日は車で参加される方が多いことが予想されます。収容台数も多いので安心ではあるのですが、念のためにも車で行きたいと考えている方は早めに向かい駐車をする事をお勧めします。

石上神宮「神剣渡御祭(でんでん祭り)」のスケジュール

スケジュール

石上神宮『神剣渡御祭(でんでん祭り)』スケジュールを紹介しますので参考にしてください。

 

13:00 神剣渡御祭(でんでん祭)本宮祭

13:30 出御(しゅつぎょ)石上神宮から末社神田神社への神剣のお渡り

14:00 神田神社例祭

14:30 御田植神事

15:00 還御(かんぎょ)

15:30 還御祭

17:00 夏越の祓・茅の輪くぐり神事

(予定は都合により変更となる可能性があります)

石上神宮「神剣渡御祭(でんでん祭り)」の見どころ

由来

石上神宮『神剣渡御祭(でんでん祭り)』は田植のお祭りです。

田おこしから田植までの農作業を模した行事が行われます。神事に使用された早苗は害虫除け・疫病退散・除災招福となる苗として参列者が取り合いになり家に持ち帰ります。

このお祭りは大和の夏祭りとしてお祭りが終わると浴衣を着る習わしがありました。

 

輪くぐり神事

お祓いをしてある神聖な茅の輪(ちのわ)が用意されます。この輪をくぐる事で健康長寿を祈願し、日ごろの罪汚れを払うことが出来ます。

この輪くぐりの際には「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらへ)する人は千歳(ちとせ)の命延(いのちの)ぶと言ふなり」という古歌を全員で唱える習わしがあります。

田植神事

石上神宮『神剣渡御祭(でんでん祭り)』では、田おこし・田植えは実際に田んぼで行われるのではなく神社の中で執り行われます。

会場はさほど広くはありませんので近くで行事を見ることが出来ますよ。田ならしの牛も本桃の牛ではなく牛役の方が行います。田で行うものではないので盛大さには欠けるかもしれませんが、その分早苗を頂けたりと実際に行事に触れることが出来るのがこのお祭りの良さだと感じます。

地域の行事に触れる、これが一番素晴らしい事ですよね。

 

奈良テレビで様子を動画公開されてます。ごらんください。

石上神宮で神剣渡御祭

出店

神剣渡御祭(でんでん祭り)では屋台の出店があるのでしょうか。

お祭りのお楽しみとして屋台は重要な役割がありますよね!

境内でのお祭りということもあり、残念ながら神剣渡御祭(でんでん祭り)では屋台の出店はありません。

周辺には素敵な食事処がたくさんありますので見つけてみてください!

 

混雑情報

神剣渡御祭(でんでん祭り)はあまり混雑した様子はありません。地域の方に親しまれているお祭りという感じでしょうか。

伝統的な行事なのでみなさんに参加してみてほしいところですね。しかしながらゆったりとお祭りに触れることが出来ますのでうれしいですね。

まとめ

神剣渡御祭(でんでん祭り)について紹介しました!

五穀豊穣のお祭りですね。田植祭りは日本の良さを感じることのできる伝統的なお祭りだと思います。実際にお祭りで使用された早苗を頂くことが出来るのもうれしいです。

是非とも参加してお祭りを盛り上げていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました