2020年『あづち信長まつり』日程・アクセス・見どころなどご紹介

スポンサーリンク

滋賀県で開催されるあづち信長まつりに参加しよう!

 

歴史上の偉人である信長・家康・秀吉が集まる安土城で開催されますあづちまつり。

 

武者行列を実際に見ることのできるおまつりなのです。

 

どのようなものなのか気になりますよね。

 

そんな、「あづち信長まつり」について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

「あづち信長まつり」の日程は?会場はどこ?料金はかかるの?

日程

2020年のあづち信長まつりの日程を紹介します!

 

2020年のあづち信長まつりの日程は、

2020年11月15日(日)に決定いたしました!

 

例年6月に開催されておりましたが、2020年より11月の開催へと変更となりました。

6月2日は信長公の命日なので織田信長公の慰霊が執り行われていました。今回初めて11月の開催となりますので今までとは少し雰囲気が変わってくるかもしれませんね。

 

会場

滋賀県安土町 JR安土駅北側周辺

 

料金

観覧は無料です

「あづち信長まつり」のアクセス

〇電車で行く場合

JR琵琶湖線草津駅→(約20分)→安土駅

 

〇車で行く場合

名神高速道路「蒲生SIC」から約9、5km

 

〇駐車場

駐車場の用意があります。

・文芸の郷 300台

・安土城跡 200台

・近江八幡市役支所 200台

※数に限りがあるので出来る限り公共交通機関を利用くださいと公式からのお知らせがあります

※当日は車両通行止めとなる場所がありますので車で参加する場合には注意してください。

 

〇シャトルバス

安土駅南口から無料のシャトルバスの運行があります。

「あづち信長祭り」見どころは?スケジュールは?

スケジュール

武者行列:10:00~

開会レセモニー:(あづち信長出陣太鼓他)12:00頃文芸の郷へ到着

 

活津彦根神社から武者行列スタート

百々橋から和船でセミナリヨ跡へ

安土駅

 

見どころ

衣装

武将行節を行うので一族は甲冑に身を包み、女性も衣装を着ています。実際にタイムスリップして迷い込んだような気持になります。まるで映画の中ですね。とても良く作りこまれています。そして、信長様役の方がよく似ていてより楽しめますので注目してみてください。

 

開催セレモニー

彦根神社で行われる開催セレモニーでは、武将の衣装を着ている方が信長の前に一斉に集まります。まるで今から戦でも始まるかのような情況です。盾や槍や部族の旗を持って一同に会するのでとても迫力があります。ぜひとも最初からおまつりに参加するのをオススメしますよ。

スタートの合図として、あづち信長出陣太鼓が披露されます。

2019あづち信長まつり

百々橋で武将が揃い

佐々木六角・信長・家康・秀吉が揃って馬に乗ってやってきます。とても凛々しいお姿に感動しますよ。

そのまま4武将はセミナリヨ跡まで船渡航します。船に乗って川を渡っていく姿もムることが出来ます。武将一族が揃って船に乗ります。お市さんと3姉妹が乗る船もありますよ!

そのほかの武将は歩くか馬で向かいます。

 

楽市楽座

楽市楽座というお楽しみ屋台スポットがあります。軽く食べられるようなものがあったり、地域の特産品を購入する事のできるブースもあります。

屋台では、やきそばや焼き鳥、お好み焼きのようなお祭りの定番メニューを楽しむことが出来ます。

お祭りの楽しみとして屋台を考えている方も十分楽しめると思いますよ!私のオススメは、近江牛の串焼きです!せっかくなので地元のブランド牛を食べちゃいましょう♪

楽市楽座というお楽しみ屋台スポットがあります。軽く食べられるようなものがあったり、地域の特産品を購入する事のできるブースもあります。

屋台では、やきそばや焼き鳥、お好み焼きのようなお祭りの定番メニューを楽しむことが出来ます。お祭りの楽しみとして屋台を考えている方も十分楽しめると思いますよ!

私のオススメは、近江牛の串焼きです!せっかくなので地元のブランド牛を食べちゃいましょう♪

過去には、実際に火縄銃を打つ場面を見ることが出来たり、チャンバラの実演、居合切を見ることのできるイベントがありました。

火縄銃は目の前で撃たれますので大迫力です!大きな音と衝撃とともに打たれる様子にただただ驚きます。目の前で見られる機会はそうないのではないでしょうか。

まとめ

「あづち信長まつり」について紹介させていただきました。まるで時代劇の中に迷い込んだかのような錯覚さえ起こしてしまいそうな程によく作りこまれています。

歴史についてあまり詳しくないという方でも楽しめるようになっているかと思います。

ゆるきゃらも登場しますよ~!ぜひいろいろな場所でたくさん写真を撮ってください!写真映えする場面しかありませんよ。目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました