長崎『精霊流し』とは?2020日程・見どころ・爆竹はなんで?

スポンサーリンク

長崎県で開催されます、精霊流しは日本の素晴らしい行事だと思います。

 

個人をしのぶ思いを強く持っている日本人だからこそこのようなお祭りがあるのですね。

とても幻想的な雰囲気を醸し出してくれますよ。

 

そんな、「精霊流し」の内容を紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

「精霊流し」の日程は?会場はどこ?

日程

2020年の精霊流しの日程を紹介します!

2020年8月15日

 

に開催されます!

※毎年同じ日に開催されますので参考にしてください

 

会場

長崎県長崎市市内中心部一帯

※メインストリートは思案橋~県庁坂~大波止

「精霊流し」のアクセス方法

電車で行く場合

路面電車は、17:00頃には「正覚寺下」~「浜町」まで運休となっています。

電車はJR長崎駅まで利用してください

 

車で行く場合

国道324号線上にあります

 

駐車場

精霊流しでは駐車場の用意はありません。長崎市にはたくさんの有料駐車場がありますのでそちらを利用するのもいいかと思いますよ。早い時間に満車となってしまいますので駐車場を利用したいと考えている方は早めに会場へと向かうことをお勧めします。

「精霊流し」とは?見どころなど紹介!

スケジュール

精霊流しの2020年のスケジュールはまだ紹介されておりません。2019年開催時の時間を紹介しますね。

 

時間:17:00~22:00

精霊流しとは

精霊流しとは、どのような意味があるのでしょうか?精霊流しによって、お盆の前に死去した方の遺族により個人を弔うために精霊船を作り船を曳きながら街中を練り歩きを行い、極楽浄土へと送り出すという意味があります。

長崎には独自の文化がたくさんありますよね。船は竹や板やワラで作られます。家紋や家名や町名が大きく書かれています。

長崎「精霊流し」の様子を動画でご覧ください。

長崎精霊流し2019

長崎の文化

長崎では、精霊流しの際に爆竹を鳴らしますよね。他には、お墓で花火をやります。長崎剣外の方は驚くのではないでしょうか。私も長崎の人のところに嫁いで始めて参加しました。

お墓でレジャーシートをしいて酒盛りもしちゃっていました。普通に夏に行うような花火をやって盛り上がるのです。どこのお墓でも行われていましたよ~!子どもはこのお盆の花火を楽しみにしているようです。

長崎ならではの文化ですよね。独特だな~と思いましたが楽しかったです。

爆竹

精霊流しというと、静かに執り行われるようなイメージがありますよね。長崎は違います。とてもとても騒がしいお祭りなのです。爆竹を鳴らすのです。

爆竹が近くでなっているのを聞いたことはありますか?とても爆音ですよね。それが一度にたくさんなりますので相当な騒音となります。耳がおかしくなりますので、子どもには耳当てをさせました。大人も耳鳴りがするほどに大きな音となりますので覚悟してくださいね。あたり一面の空気が白く濁ります。

長崎ではお盆近くになるとどこに行っても爆竹を買えるように店頭販売されます。その爆竹をみなさん個人で購入する量とは思えないほど大量に購入していうというのも長崎の風物詩なのだと思います。

精霊船

精霊流しといえば精霊船ですよね。実は規定がありまして、船の大きさは全長10m、胴体7m、幅2,5m、高さ3,5m(船を担いだり持ち上げたときの高さ)を超えてはいけないというルールがあります。

道路で船を造る場合や2mを超える船を流す祭には諸葛の警察署長の許可が必要となってきます。なんでもいいのかと思っていましたが、意外としっかりとルールがあるものなのですね。

船の飾りは故人の趣味のものを選んだりすることが出来ます。思い思いの船を故人のことを想いながら作ることが大事なのです。

混雑状況

精霊流しの際には大規模の交通整理が行われますので、交通面で混乱する場面が出てくるかと思います。人はかなり多く混雑しますので注意が必要ですね。精霊船を流している場所には人だかりが出来ているような状態となります。

露店

精霊流しでは露店の出店はあるのでしょうか?

お祭りでのお楽しみとしておいしい食事は欠かせないものがありますよね…!

しかし、残念ながら精霊流しでは露店は出店していません。楽しい盛り上がるお祭りとは違う、故人を偲ぶ精霊流しでは意味合いが違いますので仕方がないかもしれませんね。

長崎にはおいしいものがたくさんありますので、精霊流しに参加したら食べに行きましょう!私はアーケードのトルコライスがオススメです♪

まとめ

「精霊流し」の紹介をさせて頂きました!

長崎県には不思議な文化がたくさんありますよね~!私も長崎に来なければこんな行事の過ごし方はしなかっただろうなと思うことがたくさんありました。みなさん行事を大事にしているからこそ盛り上げるのだなと今になっては感じています。

長崎外の方にはとっつきにくい文化かもしれませんが、一度参加してみるとその良さが分かるかと思いますよ。是非興味を持ってみてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました