2020年『鳥越神社水上祭形代流し』祭りの日程・アクセスなど紹介

スポンサーリンク

東京都の浅草で開催されます水上祭形代(かたしろ)流しとは、名前を書いた紙を流してしまうという変わったお祭りです。

 

中々ほかのお祭りではないような体験となりますよ!

海の上で行われるお祭りというのはとても珍しいのではないでしょうか。

 

そんな、「鳥越神社水上形代流し」の魅力を紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

「鳥越神社水上形代流し」日程・スケジュール・会場

日程

2020年の鳥越神社水上形代流しの日程を紹介します!

2020年 7月 1日(水)

毎年7月1日に開催されています。曜日に関係なく開催されていますので今年も7月1日に開催をされるかと思います。

スケジュール

開始時刻 10:00

終了時刻 14:00

 

会場

柳橋~東京湾内

大祓形代を収めるのは、鳥越神社

出船場所は、柳橋河岸

「鳥越神社水形代流し」のアクセス方法

電車で行く場合

JR山手線 東京駅→秋葉原駅→JR総武線 秋葉原駅に乗り換え→浅草橋駅

 

JR総武線 新宿駅→浅草橋駅

 

JR山手線 上野駅→秋葉原駅→JR総武線 秋葉原駅へ乗り換え→浅草橋駅

 

京急本線 横浜駅→浅草橋駅

 

JR浅草橋駅→徒歩1分

 

空港から行く場合

羽田空港→京急線から都営浅草線直通→浅草線駅

 

成田空港→京成成田スカイアクセス線アクセス特急→押上駅→都営浅草線へ乗り換え→浅草橋駅

車で行く場合

首都高速6号向島線 両国ジャンクション→約15分

 

駐車場

お祭りでは駐車場の用意はありません。車で行く場合には周辺の有料駐車場を利用してください。

「鳥越神社水形代流し」見どころ

大祓形代

お祭りで使用されます形代は事前に入手しておく必要があります。形代に自分の氏名を記入し、お祭りの前日である6月30日の正午までに神社に納めなければなりません。

同封する封筒に初穂料を入れることとなっています。封筒にこの中に入れてくださいと記載がしてありますので別に封筒等を用意される必要はありません。

金額についてなのですが、初穂料について神社で金額の指定をしていない場合が多いですよね。いわゆるお気持ちの分、という事なのでしょうね。相場として考えるのならば500円~5000円ほどでしょうか。5000円包むとしたらかなり多いという印象となります。神社の繁栄にもつながりますので多めに包んでもいいかと思いますし、事務手数料と考えて少なめでも、お気持ちでいいかと思います。

流れ

6月30日の正午までに大祓形代を鳥越神社へともっていかなければなりません。その祭に悪疫にかからないと言い伝えがされているガマの穂で作られた茅の輪で出来た輪をくぐって参拝を済ませます。

混雑状況

鳥越神社水形代流しは混雑するのでしょうか?

鳥越神社水形代流しは人気のお祭りのような混雑はしません。名前を書いた紙を持っていってもらいますので、タイミング次第ではそこには時間がかかってしまうかもしれません。

屋台等もありませんので人込みをかき分けて参加するお祭りというよりは、厳かに執り行われるお祭りといった印象といった所でしょうか。

鳥越神社水形代流し当日

お祭りの当日となりますと、柳橋河岸より船が出向して隅田川を下ります。船の上では神事が執り行われます。宮司より祝詞があげられて大祓形代が海へと撒かれます。これにより罪や穢れを祓い清めることができるとされています。無病息災・寿命長久を祈願します。

地域の氏子たちが懲戒ごとには屋形船を用意して、乗って参加することとなります。屋形船は20隻にもなります。氏子さんたちはこの時に屋形船上で宴会のようになっており、食事をとってお酒を飲み交わしております。町内の宴会というような感覚となっているのでしょうね。とても楽しいかと思います。

氏子さんでなくても神社側が用意した船に乗れる場合もあるようですので鳥越神社の社務所へと問い合わせをしてみてください。その祭には早めに連絡したほうがいいですよ。

 

少し古いですが、2008年の様子を動画でみることができます。

鳥越神社形代流し japanese festival of shrine 2008年7月1日(火)

限定御朱印

大祓と水上祭の祭のみに特別に配布される御朱印があります。水上祭という印が入りますので特別感がありますよね。限定の御朱印はぜひとも手に入れたいものです。お祭りに参加した明石ともなりありがたいです。

忘れずにもらいましょう♪

屋台

鳥越神社水形代流しでは屋台の出店はあるのでしょうか?

お祭りでのお楽しみとして屋台は欠かせないものがありますよね…!

鳥越神社水形代流しでは、屋台の出店はありません。そもそも海の上で開催されますので屋台も出しようがありませんよね。お祭りといったら何かおいしいものを食べたくなってしまいますが、屋台はありませんので浅草橋駅周辺のおいしいお店で食事をとってくださいね♪

まとめ

「鳥越神社水形代流し」について紹介させていただきました!

このお祭りはとても珍しい形式ですよね。前日より大祓を持参して当日は海に出向する。ちょっと面白いです。

災厄を払うことが出来ますので参加してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました