お熊甲祭!2020日程やアクセス・猿田彦や枠旗祭などご紹介!

スポンサーリンク

石川県で開催されます、お熊甲祭(おくまかぶとまつり)は一風変わった催しが行われます。

 

お祭りに登場するのは天狗?!なぜ天狗がやってくるのでしょうか。きになりますよね。

とても大きな枠旗を担ぐ姿は大迫力!魅力の多いお祭りです。

 

そんな、「お熊甲祭」の魅力を紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

「お熊甲祭」の日程は?会場はどこ?

日程

2020年のお熊甲祭の日程を紹介します!

2020年9月20日(日)

 

に開催されます!

※毎年9月20日に開催されますので参考にしてください

会場

熊甲神社

「お熊甲祭」のアクセス方法

電車で行く場合

・東京→(北陸新幹線 かがやき)→金沢→(特急 能登かがり火)→七尾市中島町(所要時間約4時間)

・大阪→(特急 サンダーバード)→金沢→七尾市中島町(所要時間約4時間30分)

・名古屋→(特急 しらさぎ)→金沢→(特急 能登かがり火)→七尾市中島町(所要時間約4時間30分)

・金沢→(特急 能登かがり火)→七尾市中島町(所要時間約1時間20分)

 

車で行く場合

・東京→(東名・名神・北陸自動車道・のと里山海鉄道)→七尾市中島町(所要時間約7時間30分)

・大阪→(名神・北陸自動車道・能登里山海鉄道)→七尾市中島町(所要時間約5時間)

・金沢→(能登里山海鉄道)→七尾市中島町(所要時間約1時間20分)

・富山→(北陸自動車道・能越自動車道)→七尾市中島町(所要時間約1時間50分)

・富岡→(能越自動車道)→七尾市中島町(所要時間約50分)

 

駐車場

お熊甲祭では臨時駐車場が用意されています。駐車場があるというのは嬉しいですよね!以下を利用してください

・中島小画工

・祭り会場駐車場

・中島地区コミュニティセンター

・熊木公民館

「お熊甲祭」のスケジュール

2020年の情報は公開されておりませんので、以前のスケジュールを紹介します。参考にしてください。

・7:00ごろ 道中

・8:00ごろ 境内参入

・10:30ごろ出発 奉幣式

・12:00ごろ 渡御

・14:00ごろ~17:00ごろ 御旅所

※お熊甲祭運行時間帯 8:00~17:00

「お熊甲祭」の猿田彦や枠旗祭など見どころ

お熊甲祭とは

お熊甲祭とは、久麻加夫都阿良志比古神社(熊甲神社)の大祭であり、毎年9月20日に開催されることから二十日祭とも呼ばれております。国の重要無形民俗文化財にも指定されている「枠旗祭り」です。

枠旗祭

枠旗祭とはどのような事なのでしょうか。20メートルを超える大きな深紅の大旗を担いで練り歩気が行われます。とても大きな旗は立てるのにも苦労します。御旅所では、枠旗を倒したり、斜めにしたまま移動する「島田くずし」が披露されます。

島田くずしはお祭りの最後を飾る大きな催しとなりますので、人がたくさん集まりますよ~!

猿田彦

お祭りには猿田彦が登場します。私は、この猿田彦に対して天狗がいる!と思いましたが、猿田彦というのは赤いお面をかぶり長い赤い鼻が特徴のある天狗の原型のようなものなのですね。

日本神話で先頭に立って道案内をしたという神様の事です。お熊甲祭ではお祭りの先導を務める役割があります。お囃子に合わせて踊りを披露してくれます。

行列の順番

行列にはきちんと順番が決まっており、その構成通りに並ぶと70人近くの人が必要があります。

・金幣(きんぺい)

・社名旗(しゃめいき)

・猿田彦(さるたひこ)

・鉦・太鼓(かね・たいこ)

・お道具(おどうぐ)

・奉幣持ち(ほうへいもち)

・神輿(みこし)

・枠旗(わくはた)

この順番で行列は進行していきますので、確認しながらお祭りを楽しんでみてくださいね。

 

お熊甲祭の様子を動画でご覧ください。

お熊甲祭り【国指定文化財】2018年9月20日

混雑状況

お熊甲祭は人気の祭りとなりますので、混雑が予想されます。都会の人気のお祭りと比較すると混雑具合はゆるやかとなりますが、会場周辺には多くの人だかりが出来ているなどの局所的に混雑していますので注意してください。

目当てとしている催しがある場合には早めに会場へと向かうことをお勧めします。混雑のピークは島田くずしの時になりますね。

場所取り

「島田くずし」をより良い場所で鑑賞するために、早くから場所取り合戦が行われます。枠旗は田んぼに倒されますので、御旅所の周辺に場所取りをしておくといいかと思います。良い場所で鑑賞したいと思っている方は早めの行動が吉となりますよ。

露店

お熊甲祭では露店の出店はあるのでしょうか?

お祭りでのお楽しみとしておいしい食事は欠かせないものがありますよね…!

安心してください!お熊甲祭では多くの露店が出店していますよ~!定番のメニューからスイーツ系まで楽しむことが出来ます♪

まとめ

「お熊甲祭」を紹介させていただきました!

このお祭りが奇祭と言われるゆ所以は会場を天狗がたくさんいるからでしょうかね。島田くずしは迫力がありますよ!とても大きな旗を傾けながらキープするのは大変でしょうね。行列にも多くの人数が必要となりますので、是非繁栄していってほしいです。

みなさんもお祭りに参加してお熊甲祭を盛り立てていきましょう~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました