尾張津島天王祭!2020日程やアクセス・中止?コロナの影響は?

スポンサーリンク

愛知県で開催されます、尾張津島天王祭はとかでは出会うことのできない世界観を体験することができます。

 

車楽船(だんじりぶね)が夜に灯を灯している姿に身を奪われます。

船の灯には他にも魅力があるのですよ~!どのようなものなのか気になりますよね。

 

そんな、「尾張津島天王祭」の魅力を紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

尾張津島天王祭の日程は?会場はどこ?

日程

2020年の尾張津島天王祭の日程を紹介します!

2020年7月25日(土)・26日(日)

 

に開催される予定です。

会場

津島神社、天王川公園

 

中止?コロナの影響は?

大変残念なのですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2020年の尾張津島天王祭は中止が決定いたしました。

しかし、感染を拡大するわけにもいきませんから、仕方ないですよね。

来年また楽しみに待ちましょう!

祭りは中止になりましたが、自粛明けには少し旅行に行くことも、旅行好きの我々にできる、りっぱな地域貢献だと私は思います。

ぜひ、コロナウイルスの感染拡大が収まり、自粛期間が終わりましたら、地域旅行にいかれてみてはいかがでしょうか?

尾張津島天王祭のアクセス方法

電車で行く場合

名古屋駅→津島駅(所要時間約25分)

名鉄弥富駅→津島駅(所要時間約10分)

バスで行く場合

名古屋駅→津島駅(所要時間約40分)

車で行く場合

東名阪自動車道 弥富インターチェンジ→車で約20分

名神高速道路 一宮インターチェンジ→車で約30分

駐車場

尾張津島天王祭では臨時駐車場がいくつか用意されております。駐車場があるというのはうれしいですよね。人気のお祭りなので早い時間に満車となってしまうという点に注意が必要になります。

尾張津島天王祭のスケジュール

2020年の尾張津島天王祭の情報が公開されておりませんので、2019年のスケジュールを紹介します。参考にしてください

1日目 宵祭

10:00~ 神輿渡御

18:30~ 如意点火~提灯点火

20:15~ 出船

18:00~19:30 水上イベント・花火(随時)

2日目 朝祭

9:30~ 出船

10:30~ 神輿還御

尾張津島天王祭の有料観覧席チケット

尾張津島天王祭では、より良い場所で鑑賞することができるように有料観覧席のチケットを購入することが出来ます。

※2019年の内容になります。公式更新されましたら、確認でき次第記事を更新いたします。

尾形桟敷

1区画は間口が3,6m×奥行2,7mの屋形桟敷を建設できる区画

料金

特級:6万円

1等:4万8,000円

2等:4万500円

3等:3万3,000円

電灯:1個5,000円(各自で準備)

 

観光桟敷

1区画は、間口が1,8m×奥行2,7mのます席です

料金

・観光桟敷西側(丸池西側):桟敷席1区画4万4,000円(電灯料金含む)、テーブル席1区画4万1,000円(電灯料金含む)

・観光桟敷東側(丸池東側):桟敷席1区画4万5,000円(電灯料金含む)、テーブル席1区画4万3,000円(電灯料金含む)

 

観覧席(パイプ椅子)

1席:2,500円~3,500円

※敷物は各自用意

※一人で複数の申し込み可能

観覧船

料金

屋形船:上屋(有)22万円、上屋(無)15万円

・大舟(10人乗り):7万7,000円

・入舟を利用(エンジン無):大舟4,500円、小舟2,200円

※敷物、提灯は各自用意

申し込み方法

日時:令和元年5月31日(金) 午前9時30分

場所:尾張津島観光センター(南門前町1-8-1) 

問合せ:一般社団法人津島市観光協会 

電話 0567-28-8051

尾張津島天王祭の歴史や見どころ

歴史

夏に流行する疫病の発生を防止する為に牛頭天王を祀る神社では天王祭・祇園祭などの祭礼が行われるようになりました。津島天王祭は「津島のお天王さま」とも呼ばれた津島天王社の祭礼であり、旧暦の6月14日・15日両日に行われていました。

津島が伊勢と尾張を舟でつなぐ湊町だったという理由により、津島天王祭は川に船を浮かべて行います。

車楽舟行事(だんじりぶね)

この車楽舟(だんじりぶね)は、2隻の船を繋いでそこの中心に心中を立てます。そこに1年の月数である12個の提灯をつけて半円型に1年の日数である365個の提灯をつけます。

この提灯が点されている姿は非常に幻想的で尾張津島天王祭を代表するような光景となります。実は、みどころとしてこの提灯を付ける作業が一番美しいと私は思います。あたりの灯はすべて消して光だけが見えます。

提灯がういて舟にくっついていくように見えるんですよね。これが非常に美しいです。

尾張津島天王祭の様子を公式動画でご覧ください。

【津島市公式】ユネスコ無形文化遺産「尾張津島天王祭」プロモーションビデオ

混雑状況

尾張津島天王祭は人気のお祭りとなりますので、非常に混雑します。初日に見どころが集中していますので混雑のピークとなりますよ。混雑具合としては、歩くのも難しくどこに行っても人であふれているような状態となります。覚悟して参加しなければいけませんね。

露店

尾張津島天王祭では露店の出店はあるのでしょうか?

お祭りでのお楽しみとしておいしい食事は欠かせないものがありますよね…!

安心してください!尾張津島天王では非常にたくさんの露店が出店しますよ~!定番のメニューからスイーツ系まで楽しむことが出来ます♪

まとめ

「尾張津島天王祭」を紹介しました!

このお祭りは、美しい!!その一言につきます。車楽舟が美しいです。提灯をつけて天王川を漕ぐ姿がみものです。あたり一面真っ暗闇となりますが、美しい風景だけにカメラのフラッシュがチラチラ見えます。なんとなくこれもキレイだな。なんて私は思いました。

この光景は一見の価値があります!みなさんも参加して生の車楽舟を見に行ってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました