スカイベリーとは?!どこで食べることが出来る?

スポンサーリンク

人気の品種「スカイベリー」の秘密について迫ってみましょう!高級のいちごというようなイメージがあるかと思います。どこで生産されているいちごなのでしょうか。また、どこにいけば食べることが出来るのでしょうか。気になりますよね!

そんな、「スカイベリー」の魅力を紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

スカイベリーはどうやって作られた?

スカイベリーはどこでどうして作られたのでしょうか。実はそこには努力が隠されているのです。どのような秘密が眠っているのでしょうか。

どこで作られたの?

栃木県で新しく作られた品種となっています。

どうして作られるようになったの?

栃木といえば有名ないちごの産地ですよね。その名前にもなっている「とちおとめ」が有名なブランドだと思います。

そんな人気なブランドいちごである「とちおとめ」の後継品種をどうにか作り出すことが出来ないだろうかと立ち上がったのが、県農業試験場です。とちおとめを超す勢いのある品種を!そうして作り上げられたのがスカイベリーなのです。

名前の由来は?

スカイベリーという名前はどこから来たのでしょうか。

最初は「栃木i27号」として品種登録を行いました。その後、全国から募集をかけて選ばれたのがこの

「スカイベリー」

という名前だったのです。

スカイベリーという名前には大きさ、美しさ、おいしさが天に届くように素晴らしいという意味が込められているのです。

特徴

スカイベリーにはかなり細かい水準が設定されています。

  • 1個25g以上のものが約3分の2を占めている
  • 円錐の整った形をしている
  • 光沢のある美しい色合い

こちらを満たしているおいしいいちごをスカイベリーと言います♪

とちおとめと比較するととても大粒となっています。

スカイベリーのいちご狩りができる農園

実際にスカイベリーを狩ることのできる農園を紹介します!

スローライフリゾート いちごの里

住所

栃木県小山市大川島408

いちごの里の入園料・いちご狩り料金

いちごの里は大きな施設となっています。入園料がかかりますので注意してください。

入園料

中学生以上65歳未満:200円

65歳以上・小学生・障がい者の方:100円

小学生未満:100円

いちご狩り料金

スカイベリー狩り:一般1,600円~2,100円

とちおとめ狩り:一般1,300円~1,700円

会員になるとネット予約で特別価格となります。

時間

30分の食べ放題制となります。

予約

完全予約制となります

電話・ネットで予約をすることができます。公式HPにて問い合わせください。

佐野観光農園 アグリタウン

2か所の農園を持っていますので案内先の農園に向かってください。

第一農場・花の丘農場があります。どちらも約1kmほど離れています。

住所

栃木県佐野市植下町802−4

いちご狩り料金

スカイベリー料金!

・12月7日~12月31日

一般(小学生以上)2,550円、いちご狩りクラブ会員(小学生以上)2,350円、幼児(3歳以上未就学児)1,200円

・1月1日~1月31日

一般(小学生以上)2,300円、いちご狩りクラブ会員(小学生以上)2,100円、幼児(3歳以上未就学児)1,100円

・2月1日~2月28日

一般(小学生以上)2,300円、いちご狩りクラブ会員(小学生以上)2,100円、幼児(3歳以上未就学児)1,100円

・3月1日~4月5日

一般(小学生以上)2,300円、いちご狩りクラブ会員(小学生以上)2,100円、幼児(3歳以上未就学児)1,100円

・4月6日~5月6日

一般(小学生以上)2,000円、いちご狩りクラブ会員(小学生以上)1,800円、幼児(3歳以上未就学児)850円

・5月7日~閉園

一般(小学生以上)1,800円、いちご狩りクラブ会員(小学生以上)1,600円、幼児(3歳以上未就学児)750円

・いちご狩りクラブ入会

公式HPから簡単に登録をすることができます。年会費無料!

予約

予約をしなくてもいちご狩りをすることはできます。ですが、赤いいちごがなくなった時点で時間内でも入園不可となってしまいますので予約をすることをオススメします。

まとめ

「スカイベリー」について紹介させていただきました!

いちごの中でも高級な部類に入る贅沢ないちごです♪いちご狩りをする中でもスカイベリー狩りと一般のいちご狩りとは異なる料金設定となっていましたね。やはりスカイベリーは割高となっています。それだけおいしいという事ですので食べたことのない方は是非食べてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました