横浜スパークリングトワイライト2020!チケット有料席の紹介!

スポンサーリンク

大人気の花火大会である「横浜スパークリングトワイライト」の2020年の日程が公開となりました!

 

今年もこのイベントを見る事が出来るのが嬉しいですね~!

横浜港氷川丸の汽笛を合図に始まるこの花火大会は港のある横浜ならではの楽しみ方ができます♪

 

そんな、「横浜スパークリングトワイライト」の楽しみ方について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

横浜スパークリングトワイライトのアクセス・駐車場

会場

神奈川県横浜市中区 山下公園より見える海上から花火が打ちあがります。

アクセス方法

電車で行く場合

・横浜高速鉄道みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩3分

・JR横浜線「桜木町」駅より徒歩15分

 

車で行く場合

横浜駅から車で約15分

横浜スパークリングトワイライトHPより

駐車場

花火大会の駐車場の用意はありません。当日は会場付近で交通規制が行われますので公共交通機関を利用するのかいいかと思います。桜木町駅からでも十分に歩いて行けますよ!

どうしても車で行きたいという場合には、桜木町駅駅周辺の駐車場へと停めるか少し離れたエリアに駐車して電車を利用するのが良いかとおもいます。当日は周辺道路も大変な混雑となりますので注意が必要です。

横浜スパークリングトワイライトの日程や楽しみ方

日程

2020年の開催日程が発表となりました!

日程:2020年9月19日(土)・20日(日)

 

毎年7月の開催でしたが、今年は東京オリンピックの予定がありましたので、横浜でも競技が行われますので日程を変更して行われることとなりました。

中止?コロナの影響は?

※残念ながら中止が発表されました。

大変残念なのですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、横浜スパークリングトワイライト中止が決定いたしました。

しかし、感染を拡大するわけにもいきませんから、仕方ないですよね。

来年また楽しみに待ちましょう!

花火大会は中止になりましたが、自粛明けには少し旅行に行くことも、旅行好きの我々にできる、りっぱな地域貢献だと私は思います。

ぜひ、コロナウイルスの感染拡大が収まり、自粛期間が終わりましたら、地域旅行にいかれてみてはいかがでしょうか?

楽しみ方

屋台

横浜スパークリングトワイライトでは、よくある屋台の出店はありません。その代わりにしーさいどアンドバーという場所が出来て、たくさんの店舗が出店します。屋台と違うのはそこできちんと座って食事をすることができるという点です。人気の店舗になると行列も出来ますので、覚悟して並びましょう♪

 

おすすめスポット

私のオススメスポットは赤レンガ倉庫です。赤レンガ倉庫も人気の場所となりますので人の少ない場所で見られるというメリットはないのですが、大さん橋の奥で花火が上がりますので、とてもキレイにみることが出来ます。そして、赤レンガ倉庫の雰囲気がとても好きなのでここで見たいというのもありますね♪

イベント

山下公園内では、音楽ステージが開催されます。異国情緒あふれる横浜の街ならではの本格的な演奏を聴くことが出来ますので是非行ってみて下さい♪

横浜の海上では、レスキューのデモが開催されます。ヘリによる救助活動を見る事の出来る貴重な機会です。船のパレードもありますよ!これが海軍好きな方にとても人気です。

横浜スパークリングトワイライトHPより

横浜スパークリングトワイライトのチケット・有料席

大さん橋プレミア花火鑑賞席

会場:横浜港大さん橋国際客船ターミナル

チケット:チケットぴあ

・屋上(自由席):1,000円

・岸壁(三脚使用かめらスペース)5,000円

・岸壁ペア席:前売り6,000円、当日6,000円

・岸壁テーブル席(定員4名):前売り13,000円、当日14,000円

・岸壁テーブル席(定員4名、ディナーボックス付):25,000円

・ターミナルテラスVIP席(定員4名、ディナーボックス付):40,000円

 

今年の受付はまだ開始となっていません。この観覧席は毎年大人気となりますので、ここで鑑賞したいと思っている方は早めに購入する必要がありますよ。

まとめ

「横浜スパークリングトワイライト」について紹介しました!

この花火大会は、ずっと通っている大好きな花火大会です。やはり、会場で花火があがるというのがいいですね!花火だけが夜空に浮かび上がる姿はとても美しいです♪中華街にも立ち寄りながらお祭りを楽しみましょう!この花火大会はぜひとも一度は行ってみてほしいお祭りのうちの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました