離乳食でバナナはどれくらい?量は?大きさは?バナナの便利な使い方!

スポンサーリンク

可愛い可愛い赤ちゃん!

見ているだけでも癒されますよね。

最初はミルクや母乳だけでも十分栄養が取れているのですが、

大きくなるにつれてより多くの栄養素を摂取する必要があります。

赤ちゃんの消化機能はまだ未熟なので消化機能に合わせたメニューを離乳食として作っていかなければいけません。

新米ママや久しぶりの赤ちゃんだという方は離乳食に悩んでしまっているのではないでしょうか。

なかなか自分の時間も取れない中で離乳食を調理するのは大変ですよね。

私は8年間保育園で栄養士として勤務しておりましたので毎日園児ひとりひとりに対して個人対応をしながら離乳食を進めていました。

そんな、離乳食づくりに悩んでいる方へ離乳でのバナナの扱い方について紹介していきたいと思います♪

どれくらいあげていいの?どのように?形状は?そんなお悩みにお答え!

スポンサーリンク

離乳食でバナナ

離乳食でバナナはとても使いやすい食材です。

甘味もあり、バナナが大好きになる赤ちゃんはかなり多い人気メニューとなるでしょう。

少しだけあげてみたらもっともっと!とほしがりますよね。

  • 泣くので欲しがるだけあげている方
  • これでいいのかな?と思いながら我慢させている方
  • どのようにあげていいのか悩んでいる方

それぞれの悩みがあるかと思います。

そんな方のお悩みに栄養士ママがお答えします!

離乳食のバナナの量

バナナは個体差があるので一概には言えませんが、1本あげたのでは食べすぎです。

ごくごくたまになら問題ありませんが、、、

おじいちゃんおばあちゃんが可愛いからとあげてしまい、止められない時もありますね^^;

たまになら問題はありませんのでその場合には悩まなくても大丈夫です。

しかし、バナナは甘く糖分の高い食材なので毎日のようにたくさんあげてしまっては食べさせすぎです。

食物繊維も豊富なので食べすぎることで下痢の原因にも繋がります。

きちんと量を守ってあげましょう。

離乳食初期

離乳食初期である生後5~6か月ごろには、

約15~20グラム程度あげてください。

最初はペーストにしてチンして加熱してあげましょう。

離乳食中期

離乳食中期である生後7~8か月ごろには、

約40~45グラム程度あげてください。

荒つぶしにして少し歯茎で噛む練習をするようにしましょう。

バナナは柔らかいので少しだけ大きくして噛む練習をしてもいいでしょう。

つるんと丸呑みして詰まってしまう可能性もありますのでまだ噛むのが得意でないという赤ちゃんにはつぶしてしまいましょう。

離乳食後期

離乳食後期である生後9~11か月ごろには、

約60~70グラム程度あげてください。

バナナで手づかみ食べの練習をさせてあげるといいでしょう。

丸呑みしないようにスティック状にしてあげると食べやすいかと思いますよ。

後期は少し分かりにくいですよね。
このように子どもの成長に合わせて大きさを変えていってあげてくださいね。

離乳食のバナナ 便利な使い方

バナナは離乳食期でとても便利な食材です。

なぜなら・・・

皮で包まれているから!

私は子どもが離乳食期の時にはバナナは最強食材だと思っていました。

お出かけの際にはバナナを切ったりせずにそのまま1本持っていけますよね。

お出かけ先でフォークで切ってあげるなりつぶしてあげればすぐに食べることが出来ます。

事前調理をしなくていいというのはとても衛生的です。

赤ちゃんも進んで食べてくれる食材ですし、バナナはとても優秀です。

お手頃価格で手に入るというのも魅力のうちですよね♪

1本まるまるあげるのでは多いという場合には、

お母さんが食べちゃいましょう!

兄弟のいる子であれば分け与えればちょうどいいですね。

おやつとしてあげてもいいですし、便利に使いましょう!

まとめ

「離乳食期のバナナの扱い方」について紹介させて頂きました!

バナナ・・・いいですよね!私はしょっちゅう買っていました。子どもも喜びますし、お手軽で衛生的!バナナケースというものもありますのでケースに入れてバックにいれれば非常食としても使うことが出来ます。バナナの量は少しあいまいになりがちだと思います。他の野菜とは異なりますからね。悩めるお母さんたちの参考になれば嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました