離乳食調理セット使ってみた!どうやって使う?何を使う?いらない?

スポンサーリンク

可愛い可愛い赤ちゃん!

見ているだけでも癒されますよね。

最初はミルクや母乳だけでも十分栄養が取れているのですが、

大きくなるにつれてより多くの栄養素を摂取する必要があります。

赤ちゃんの消化機能はまだ未熟なので消化機能に合わせたメニューを離乳食として作っていかなければいけません。

新米ママや久しぶりの赤ちゃんだという方は離乳食に悩んでしまっているのではないでしょうか。

なかなか自分の時間も取れない中で離乳食を調理するのは大変ですよね。

私は8年間保育園で栄養士として勤務しておりましたので毎日園児ひとりひとりに対して個人対応をしながら離乳食を進めていました。

そんな、離乳食づくりに悩んでいる方へ離乳食の調理器具について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

離乳食の調理器具セット 買うべき?いらない?

離乳食の調理器具はどのようにそろえた方が多いのでしょうか。

  • 自分で買った
  • 出産祝いでもらった

というのが多いでしょうね。

意外と人からもらうことも多いのが離乳食調理セットです。

もちろんあると便利なのですが、わざわざ購入する必要があるのでしょうか?

使うのはせいぜい生まれて1歳になる前だし・・・

と購入するのを悩んでいる方は多いかと思います。

そんな方へ、おすすめ調理器具を紹介します!

離乳食調理器具コンビ

こちらの調理器具コンビが一番ポピュラーなものとなります。

トイザらスや西松屋などのベビー用品を扱っているところに行くと間違いなくありますよね。

これもまたいろいろな商品があってどれにしたらいいのか悩みますよね。

私は出産祝いで頂いたので自分では購入していないのですが、自分で購入したか・・・

していなかったかもしれませんね。

このような商品は写真のような金網のものと穴の開いたものがセットになっているかと思います。

まず使うのは写真のものだけではないでしょうか。

一度にたくさん作って冷凍をしておこうと思っている方は離乳食初期以降は包丁を使った方が早いです。

なので、もし購入するならば写真のような網になっているものだけを100円ショップなどで購入するというのもアリだと思います。

使い方は超かんたん!

すりつぶしたい野菜を乗せてスプーンなどで越すだけ!

下の受け皿はすり鉢のようになっていますのでさらに繊維を断ちたい場合や、濾すまではしなくても良いものなどはそちらを使用します。

じゃがいもやさつまいもなんかはすり潰すだけで大丈夫ですね♪

ほうれん草などは繊維がかなりありますのでさらにすりつぶしてあげると食べやすいですね。

つど調理してあげたいという方やマニュアル通りにやった方が楽だという方は離乳食調理器具セットを購入して進めていくのがやりやすいかと思います。

ハンドブレンダー

次に、ハンドブレンダーを使う方法です。

私は主にブレンダーを使用して離乳食づくりを行っていました。

ブレンダーの良さは、一度にたくさんの量を作れるというところにあります。

一度にたくさんの量を作り、冷凍保存しておくことで離乳食づくりをより時短で行うことが出来ます。

毎日の赤ちゃんの世話に追われているママたちの味方ですよね。

洗うのも簡単なのがよかったですね。

私はアタッチメントがたくさんついているブラウンのものを使用していましたが、アタッチメントがないマッシュするだけのものもあります。

そちらはかなり安く手に入りますのでおすすめです。

何より、ブレンダーのいいところは使い道が離乳食だけではないという部分ですかね。

今後もポタージュやポテトサラダ、マッシュポテトや玉ねぎみじん切りなどに使用することが出来ますので長く使うことが出来ます。

鍋にそのまま入れてブレンダーをかけるだけであっという間にマッシュしてくれるというのもありがたいです。

ブレンダーを消毒しておけば衛生的に作ることが出来ますね。

自分ですり潰しの程度も調節することが出来ます。

離乳食調理器具セットとハンドブレンダーどちらを購入すればいいの?

では、どちらの商品を購入すればいいのでしょうか。

どちらが悪いということはありません。

長く使いたい?丁寧に調理したい?

デザインの好みは?

その方によって使いやすいものというのは異なるかと思います。

自分に合ったものを選択して楽しい離乳食ライフを送ってください♪

まとめ

「離乳食調理器具セット」について紹介させて頂きました。

離乳食づくりは初めて行うという方は何を使っていいのかというのも悩んでしまいますよね。先輩に聞きたくても赤ちゃんがまだ小さくて買い物に出るのも悩ましいこともあります。そんな悩めるママの参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました