離乳食のかまぼこ!いつから?離乳食おすすめレシピも紹介!

スポンサーリンク

可愛い可愛い赤ちゃん!

見ているだけでも癒されますよね。

最初はミルクや母乳だけでも十分栄養が取れているのですが、

大きくなるにつれてより多くの栄養素を摂取する必要があります。

赤ちゃんの消化機能はまだ未熟なので消化機能に合わせたメニューを離乳食として作っていかなければいけません。

新米ママや久しぶりの赤ちゃんだという方は離乳食に悩んでしまっているのではないでしょうか。

なかなか自分の時間も取れない中で離乳食を調理するのは大変ですよね。

私は8年間保育園で栄養士として勤務しておりましたので毎日園児ひとりひとりに対して個人対応をしながら離乳食を進めていました。

そんな、離乳食づくりに悩んでいる方へ離乳食のかまぼこを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

離乳食でかまぼこはいつから?

離乳食でかまぼこをたべることができるのはいつごろからなのでしょうか。

離乳所でかまぼこを食べることが出来るのは、

生後12か月ごろから、離乳食完了期の段階のころより食べることが出来ます。

離乳食の食材としては遅めのスタートとなりますよね。

離乳食でかまぼこ 何故始めるのが遅い?

離乳食でかまぼこを食べることのできる時期は遅めですよね。

1歳を過ぎてからでなければ食べることが出来ないなんて!

何故遅いスタートとなっているのでしょうか。

かまぼこの原料は魚ですよね。ただ魚なのであればもっと早くから食べることが出来ます。

かまぼこが早くから離乳食で与えることのできない理由はいくつかあります。

  • 弾力があり、噛みきることが出来ないため
  • 塩分濃度が高いため
  • アレルギー原料が入っている危険性がある

まず、赤ちゃんはまだしっかりと食材を噛みきるというのは難しいですよね。

弾力があり噛みきることが出来ないという事は、誤飲の危険性があるという事になります。

誤飲してしまっては大変です。

次に、塩分濃度の高さが挙げられていますよね。

かまぼこを食べると、しっかりと味がついているのが分かります。

赤ちゃんにはこの塩分濃度は高すぎます。

最後に、アレルギー原料が入っている危険性があるというのがあります。

こちらは原材料を見れば一目瞭然なのですが、原材料に卵・小麦・乳などのアレルギー原料が入っている可能性があります。

練り物は一見しただけでは中身まで分かりません。

アレルギーに耐性の無い赤ちゃんに誤って与えてしまっては大変です。

以上の理由より、与えることのできる時期は遅くなっています。

離乳食でかまぼこを与える上での注意点

離乳食でかまぼこを与える際に注意するべきポイントがあります。

まずは、塩分が高いので下茹でをするといいでしょう。

次に、弾力があるので小さめに刻んでから与えてあげましょう。

次に、原材料はきちんとチェックしアレルギー原料について確認していきましょう。

刻みや原材料は赤ちゃんによって対応方法が異なります。

しっかりと確認していきましょうね。

離乳食のかまぼこ おすすめレシピ

かまぼこはどんな料理に使用していますか?

かまぼこは切るだけ!チーズをはさむだけ!というご家庭も多いかと思います。

もちろんそれでも十分!かまぼこはそのままでもおいしいのが利点ですからね。

ですが、かまぼこは料理に使ってもとってもおいしい♪

煮物や炒め物なのに加えるだけで料理が格段においしくなるのです。。。!

ご存じでしたか?

そんなかまぼこのおすすめメニューを紹介します。

卵とかまぼこのチャーハン

作り方はとっても簡単!

①かまぼこと好きな野菜を刻む

②熱したフライパンで材料を炒める

③ごはんを加えて炒める

 

以上です!白色のかまぼこを使用していますので色が分かりにくいですね。今回はキャベツと一緒に炒めています!

私は全部一度に炒めてしまいます。そのほうが洗い物も少なく済みますからね♪

もちろんかまぼこは下茹でしてあげると丁寧です。

私はこのチャーハンの時には味付けはしません。

かまぼこの風味だけで十分!少し物足りないという方は鰹節をまぶしてあげてください!

このメニューは我が家の人気メニューです♪

おにぎりにしてお弁当に入れて外出するととても喜びます!

ごちそう感もあっておすすめですよ。

まとめ

「離乳食のかまぼこ」について紹介させて頂きました!

かまぼこはおいしいですよね。そのままでかじってもとてもおいしい!赤ちゃんは食べることができるのかという判断がとても難しい食材でもあります。無理して早く上げる必要はありませんので、ゆっくりと進めていきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました