興聖寺で紅葉もみじ狩り2020!見頃時期や見どころなど紹介!

スポンサーリンク

京都府にあります、興聖寺では紅葉もみじ狩りを行うことが出来ます。

まずはその読み方を紹介します!

興聖寺(こうしょうじ)と読みます。中々読めない漢字ですよね。

こちらの場所での大きなみどころはもみじのトンネル!

真っ赤にそまるトンネルはこの世のものとは思えないほどに幻想的な光景となっています。

そんな、「興聖寺」での紅葉もみじ狩り情報を紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

興聖寺の紅葉もみじの時期・見頃<2020>

興聖寺の紅葉もみじの見頃時期<2020>を紹介します

興聖寺の紅葉もみじの見ごろの時期はいつになるのでしょうか。遠方から鑑賞に行く方はみごろの時期に予定を立てる必要があるかと思いますのでみごろ予想は大事になってくるかと思います。例年の状況を参考に時期を紹介したいと思います。

 

2020年の見頃時期:11月下旬~12月上旬ごろ

 

※今年の天候次第で見頃時期が変わる可能性がありますので、ご了承願います。

興聖寺の紅葉もみじの見どころ・ポイント

興聖寺での紅葉もみじ狩りの見どころはどこにあるのでしょうか。

始めていく方は悩んでしまうかもしれませんね。

そんな方へ興聖寺での紅葉もみじ狩りの楽しみ方を紹介しますので参考にしてください。

入り口

まず最初に目に入るのが興聖寺の入り口に見える紅葉です。

入り口の門の横には大きな木が真っ赤に紅葉しています。

門にかかるように生えていて紅葉スポットとなっています!

こちらでも撮影していきましょうね。

少し引いて全体が映り込むように撮影するのがポイントとなっています。

実際に門を通っているところを撮影してもらっても映えですよ♪

琴阪・もみじのトンネル

興聖寺での一番の人気の見どころとなっているのがこちらの琴坂です。

琴坂にあるのが「もみじのトンネル」です。

石垣の間が歩道となっており、その両側からは垂れ下がるようにもみじが映えています。

頭上を覆うようなもみじがまるでトンネルかのように感じるので「もみじのトンネル」と呼ばれています。

こちらはトンネルの目の前で伸びる道を撮影するのもいいですし、

トンネルを通っているところを撮影するのもいいですね♪

山門

興聖寺の山門は少し変わったデザインとなっています。

白いもんに瓦屋根がかかっておりとても芸術的なデザインですね。

こちらの山門でも紅葉もみじを楽しむことが出来ます。

目の前で紅葉はありませんが、バックで紅葉を見ることが出来ます。

山門の門の間からはちょうど紅葉がこちらを覗いているのがわかるかと思います。

山門の間から見える紅葉を楽しみましょう!

芸術的な山門と真っ赤に燃えるような色彩のコラボレーションには注目です。

 

興聖寺の基本情報

興聖寺の基本情報を紹介します!

興聖寺の拝観時間

夜明けから日没まで

(およそ5:00~17:00)

興聖寺の拝観料

300円

庭の拝観は無料

 

 

 

興聖寺の紅葉もみじの様子を撮影したおすすめ動画を紹介します。

京都・宇治 紅葉 興聖寺 Uji City in the foliage season(2010-11)

興聖寺のアクセス方法・駐車場

興聖寺へのアクセス方法を紹介します!

住所:京都府宇治市宇治山田27-1

電車で行く場合

京阪宇治線 宇治駅→興聖寺(所要時間徒歩約15分)

JR奈良線 宇治駅→興聖寺(所要時間徒歩約25分)

駐車場

興聖寺には駐車場があります。あまり大きくはなく紅葉の時期には込み合いますので注意してくださいね。

興聖寺周辺のおすすめ観光スポット

興聖寺へ紅葉もみじ狩りへ行った後にはどこかに立ち寄りたいですよね。

そんな方へおすすめスポットを紹介します!

道の駅ガレリアかめおか(がれりあかめおか)

・住所

京都府亀岡市余部町宝久保1-1

・営業時間

9:00~22:00

・施設

物産市場

・特徴

ガレリアかめおかという生涯学習施設の中に入っている道の駅です!施設では随時イベントが開催しております。楽しいものから学べるものまで多様な催しが用意されていますよ~!物産館では亀岡の名産品を手に入れることのできる場所となっていますので覗いてみましょうね♪オススメは特製亀岡コロッケ!

まとめ

「興聖寺」での紅葉もみじ狩り情報を紹介させて頂きました!興聖寺では紅葉の見どころがたくさんあります。京都らしい美しい上品な秋の景色を感じることのできる場所となっています。みなさんも秋には興聖寺へ紅葉もみじ狩りを楽しみに行きましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました