大歩危・小歩危で紅葉もみじ狩り2020!見頃時期など紹介!

スポンサーリンク

徳島県にあります、「大歩危・小歩危」では紅葉もみじ狩りを行うことが出来ます。

まずはその読み方を紹介します!

大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)と言います。とてもユニークな名前ですよね。

大歩危・小歩危とは何なのでしょうか。こちらは渓谷となっており、吉野川沿いにあります。

約8kmの道のりには素晴らしい景色が広がっています。

そんな、「大歩危・小歩危」での紅葉もみじ狩り情報を紹介していきたいと思います♪

大歩危・小歩危
スポンサーリンク

大歩危・小歩危の紅葉もみじの見頃・時期<2020>

大歩危・小歩危の紅葉もみじの見頃時期<2020>を紹介します

大歩危・小歩危でもみじの見ごろの時期はいつになるのでしょうか。遠方から鑑賞に行く方は見頃の時期に予定をたてたいですよね!参考にしてくださいね。

2020年の見頃時期:11月中旬~11月下旬ごろ

※今年の天候次第で見頃時期が変わる可能性がありますので、ご了承願います。

大歩危・小歩危の紅葉もみじの見どころ・ポイント

大歩危・小歩危は渓谷です!どのような方法でどこから見ていけばいいのか悩んでしまうかと思います。見どころはどこにあるのか気になるところです。楽しみ方と一緒に紹介していきますので参考にしてください。

遊覧船

大歩危・小歩危は遊覧船で紅葉もみじ狩りを行うことが出来ます!

自然を間近で感じることが出来ます。

何にも邪魔されることなく自然そのままの風景を楽しめるのがいいですよね♪

ゆったりと座ったままで季節を感じてみましょう!

4kmの道のりの中を往復30分で進みます。

スリルのある船旅となりますよ♪

運航時間

9:00~16:30

※年中無休

料金

大人:1200円

小人:600円(3歳~小学生まで)

大歩危・小歩危

含礫片岩

大歩危にはここでしか見ることのできない奇岩があります。

それが、この含礫片岩です。(れきしつへんがん)

礫岩からなる結晶の片岩のことを言います。

岩が幾重にも重なり引き延ばされているような様子を観察することが出来ます。

自然の作り出した美しさを感じて下さい。

吊り橋

大歩危・小歩危は吊り橋がまたなかなかのスリルがあります。

祖谷渓にある吊り橋なのですが、祖谷の蔓橋と言います。(かずらはし)

こちらの橋は手作り感満載!下が透けて見えます。

ツタのようなもので編んでおり、いまにも崩れ落ちそうな橋なのです。

渓谷の美しさを感じることが出来るのですが、そんな余裕がないかもしれませんね。

よく落ちないな!と思うほどにスリル満点!

興味のある方は是非渡ってみて下さい♪

大歩危・小歩危の紅葉もみじの様子を撮影したおすすめ動画を紹介します。

大歩危・祖谷の紅葉H29 11 13

大歩危・小歩危へのアクセス方法・駐車場

大歩危・小歩危へのアクセス方法を紹介します!

住所:徳島県三好市山城町

電車で行く場合

JR土讃線 大歩危駅→大歩危・小歩危(所要時間徒歩約30分)

車で行く場合

徳島自動車道 井川池田インターチェンジ→(国道32号線)→大豊方面→大歩危・小歩危

駐車場

大歩危・小歩危では駐車場を利用することが出来ます。駐車場を利用することが出来るのは嬉しいですよね♪

料金:無料

大歩危・小歩危周辺のおすすめスポット

大歩危・小歩危で紅葉もみじ狩りを行った後にはどこかに立ち寄りたいですよね。

そんな方へおすすめスポットを紹介します!

道の駅 大歩危(おおぼけ)

・住所

徳島県三好市山城町上名1553-1

・営業時間

9:00~17:00

・施設

妖怪屋敷、石の博物館、売店、プレイルーム、展望台

・特徴

妖怪屋敷のある道の駅?!不思議な空間となっています。紙芝居もやってますよ♪売店では地元の特産品を販売していますので買い物を楽しむことが出来ます。無料のプレイルームではお子さんが室内遊びをすることが出来ますので遊びに行きましょう!

まとめ

「大歩危・小歩危」での紅葉もみじ狩り情報を紹介させて頂きました!

大歩危・小歩危は渓谷美と紅葉の美しさを一度に味わうことのできる場所ですね♪遊覧船のにって優雅に季節を感じるというのが素晴らしいです。みなさんも秋には大歩危・小歩危で紅葉もみじ狩りを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました