中学生のダイエット!どのようにしたらいい?栄養士ママが教えます!

スポンサーリンク

女子の永遠のテーマがダイエット!

中学生ごろから自分の体形に悩む子どもが増えてくるかと思います。

体系についてはとてもデリケートな問題ですよね。

それに対して悩むお母さんもいるかと思います。

まだ子どもなのに!ですが、中学生頃にとって自分が他人にどのように見えるのかというのはとても大事な重要ポイントなのです。

このころに自分に自信を持つという事はその後の人生において大切となってきます。

8年間栄養士として勤務してきた経験を生かしてアドバイスをさせて頂きます。

そんな、「中学生のダイエット」について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

中学生がダイエットをするという事

はっきり言って、私個人から言わせてもらうと中学生でダイエットは必要ないと思います。

ですが、このころの人間関係において「体系」というものがかなり重要なものだということも理解しています。

痩せたい!ダイエットしたい!というのは中学生あたりから始まるかと思います。

この時期に過度なダイエットをするということは成長不良にもつながる恐れがあります。

一番の成長期!この時期には体を大事にしていきたいものなのです。

身長が伸びなくなったり拒食症のリスクもあります。

安全に健康的に!ダイエットを行っていくという事が重要となっていきますよ。

もちろん!ダイエットをしてはいけないということはありません。

ただ、中学生・高校生あたりが女の子はふっくらとしている時期であるという事は理解してください。

必要以上に食べてしまったりという事がなければ成人すれば勝手に適正体重あたりになってきますよ。

その中で中学生のダイエットについて紹介します。

中学生のダイエット 食欲が止まらない!

中学生頃には食欲が止まらなくて悩んでいる子も多いかと思います。

どれだけ食べてもおなかが空く。夜はおなかが空いて眠れない。

そんな悩みもあるかと思います。

中学生ごろは成長期真っただ中!体が大きくなるにつれてエネルギーを欲しているという事なのです。

おなかが空いたという事が証拠です。

食べたいなら食べてしまっても問題ありません。

ですが、食べるものが問題です。

間食としてパンやポテトチップスやお菓子はやめましょう。

太る原因となります。

パンはエネルギーや糖質が高いのにあまり腹持ちがよくありません。

それであればおにぎりやふかし芋などを食べましょう。

一見太りそうですが腹持ちもよく健康的なのでおすすめです♪

夜なら野菜スープなどにしましょう。

汁物でおなかを膨らましてあげましょう。

大事なのは何を選択するかという部分ですよ。

食べないという事ではありません。

成長期におなかが空くという事はそれだけ体が求めているという事なのです。

体の声はちゃんと聴きましょう。

そのうえで何を食べるかという事が大事なのですよ。

中学生のダイエット 食事内容

中学生のダイエットで重要なのは、健康的に!無理なしないこと!

成長期を阻害しないような食生活を送りましょう。

一番よくないのが、食べないこと!

朝食を抜くなどをしないようにしてください。

朝食を抜くという事はリスクしかありませんよ。

朝から食事を抜いてしまうと頭が働かなくてぼーっとしてしまいます。

学校生活を充実したものにはできませんよね。

また、体が空腹状態となることで飢餓状態になります。

そうすると次の食事で脂質を取り入れようと頑張ってしまいます。

これが太りやすい食事に繋がるのです。

食べないダイエットはやめましょう。

大事なのは、バランスの良い食生活です。

余計なものは食べずに栄養素をまんべんなく摂取することのできる食事が痩せやすい体づくりに最適だという事になります。

ごはん・味噌汁・おかず2~3品の一汁三菜が一番理想とされています。

よく噛み、よく食べる!これがダイエットに繋がります。

まとめ

「中学生のダイエット」について紹介させて頂きました!

中学生はまだまだふっくらしているのが可愛いかと思いますが、本人は大問題ですよね。モデルのような体系を理想としているでしょうね。一番大事なのは健康!安全に適正体重になるように頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました