妊娠中に体重増加!おすすめのダイエットは?栄養士が教えます!

スポンサーリンク

妊娠すると体がどんどん重くなってきますよね。

産道に脂肪がつくと赤ちゃんが出てきにくくなってお産が難しくなるという話は聞いたことがありますか?

お産の時には出来るだけ無駄な脂肪がない方が望ましいです。

お産の長さは産後の肥立ちにも影響していきますので体重の管理が重要視されています。

妊娠中に体重が増えてしまったときにどのようにしてダイエットをしたらいいのかは悩むポイントです。

赤ちゃんと母体の安全が第一!

栄養士である私も2人の子どもを出産していますのでその経験も踏まえてお話させて頂きます。

どのように体重を減らしていけばいいのかを紹介します♪

スポンサーリンク

妊娠中の体重増加

妊娠中に体重が増えるというのは自然のことです。

何故ならおなかに赤ちゃんがいるから!それは仕方のないことですよね。

赤ちゃんのほかにも羊水や胎盤などがありますので自然と体重が増えていきます。

妊娠中の体重増加は、平均7~12kgであることが望ましいとされています。

この範囲の中なら心配しなくても産後に自然と戻っていきます。

ですが、妊娠中にどんどん体重が増えていく中でどこまで増えてしまうのだと不安になりますよね。

こちらの数字は結果論となりますので、妊娠中には不安が絶えないかと思います。

私の時には・・・

運動としてウォーキングを毎日2時間はしていたのとつわりで5kg減っていたので1人目はトータル5kg増でした。

2人目はなかなか運動もできずにゆったりと過ごしていたのでトータルで12kgは増えました。ギリギリですね。指導は受けませんでした。

妊娠中は何故太る?

妊娠中、特に臨月になるとどんどん体重が増えてきますよね!

私も2人出産していますので経験があります。

「臨月の時には体重が水を飲んでも増える」などという言葉もよく聞きました。

こんなに体重が増えて赤ちゃんは大丈夫なの?

お医者さんに怒られてしまう・・・!と心配されている方も多いかと思います。

では、どうして臨月の時には体重がどんどん増えていってしまうのでしょうか?

赤ちゃんが大きくなってエネルギーを使っているはずなのにどうして!

まず、単純な問題として赤ちゃんが大きくなっています。

妊娠中には最後の1か月で破裂するのでは?!と思うほどにおなかが大きくなります。

出産に向けて赤ちゃんが準備に入っているという事になります。

赤ちゃんの成長に合わせて体重も増えていきますよね。これは問題ありません。

お医者さんも赤ちゃんの体重をおよそで測りますので注意されるという事はありませんので安心してください。

また、食事をすることが出来るようになったという事柄もあります。

いままでは赤ちゃんがおなかの上の方にいたので胃を圧迫しており食事を満足に取ることができなかったものが、

赤ちゃんが下に下がってきたことによって胃が楽になりたくさん食べてしまうという事につながります。

これがまた体重増加の原因なのですよね。

最後に、動かない!これが大きな原因となります。

今までは体を大事にしてください。あまり動かないでくださいといわれてきたのに、

臨月に入ったら急に動いて!もっと動いて!とせかされて驚かれませんか?

臨月になるとおなかも重いので動きにくいのですが、頑張って動きましょう!

運動不足になりますと出産のときにも大変!

頑張って動きましょう。

妊娠中の食事制限

妊娠中ではおなかに大事な赤ちゃんを育てていますので過度なダイエットは禁物です。

特に妊娠中になりますと健康的な食事制限が推奨されています。

大事なポイントを紹介します♪

  • バランスのいい食事

これが一番!旅館で出てくるようなバランスのいい食事をとることに意識を向けてみましょう。自然と体重は落ち着いてくるのを感じることが出来るかと思います。極端なダイエットはしません。適度な量をバランスよく♪

  • 糖質を押さえて

全く糖質を取らないという事はしません。ごはんを五穀米や玄米に変える、おやつとして食べていたものを低糖質に変えるなどの工夫をするといいでしょう。

  • 間食を控える

間食はしないようにしましょう。おなかはすいてしまうという場合には、少ない量をちょこちょこと食べて食事をとることにするといいでしょう。

まとめ

妊娠中のダイエットについて紹介させて頂きました!

妊娠中にはトラブルがつきもの。その中でも体重増加は頭を悩ませる問題ですよね。おなかがすくから!おなかはすきます!そこで何をどのように食べるのかというのは重要な問題ですよ。頑張って健康的な赤ちゃんを出産しましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました