2000キロカロリーの食事の内容は?栄養士によるエネルギー量解説

スポンサーリンク

食事の量を落としたい!エネルギー量をコントロールしたい!

ダイエットしている方ならだれもが直面している問題だと思います。

少しだけ減らすというのもかなりの努力が必要となります。

エネルギー量のコントロールするには知識をつける必要があります。

どのような食材がどれだけのエネルギーがあるのかを知るのは怖いですよ!

8年間栄養士として栄養計算をしてきた栄養士による解説を行います。

そんな、「2000キロカロリーの食事」について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

1日2000キロカロリーの食事!

1日に必要なエネルギー量は、

男性と女性を合わせると、平均で2000キロカロリー!

もちろん運動量などにもよりますが大体2000キロカロリーを目安としていれば問題ありません。

1日で2000と漠然と言われてもイメージしにくい問題だと思います。

1食で換算すると、およそ700キロカロリー程度だと考えて下さい。

そうすると外食の際などにも食事の内容に気をつけていきやすいかと思います。

どのようなものを選択するのか、それは自分次第となります。

適切な知識をつけることがダイエットにつながるカギとなりますよ♪

2000キロカロリーの食事! カロリーの数値

普段一般的に食べている食事のカロリーについて紹介します。

この中で1回700キロカロリー程度に抑えるのがどれだけ難しいのかというのも考えていきましょう。

・ごはん1杯200キロカロリー

・中華麺は1玉で約400キロカロリー

他にも、100gとして計算しているものを紹介します。

・カップ麺が約450キロカロリー

・スパゲッティ(乾麺)で約380キロカロリー

・チョコレートは約550キロカロリー

・ポテトチップスは約550キロカロリー

・ドーナッツは約450キロカロリー

・ピーナッツバターは約650キロカロリー

・いちごジャムは約250キロカロリー

どうでしょうか。思ったよりも多いかと思います。

ここで揚げ物の定食なんて頼んだ日には簡単に1000キロカロリーを超えてきますよ。

この中で1回700キロカロリーに合わせていくというのは難しいことですが、やっていけばなれます。

特に外食の際にはメニューにエネルギー表記があるかと思いますので調節してみましょう。

1食食べすぎてしまったら他の時間帯で調整していくという事も必要となってきますよ。

2000キロカロリーの食事 大事なポイント

毎日の食事を2000キロカロリーで押さえたいというときには大事なポイントがあります。

2000キロカロリーという数字にイメージを持つことです。

2000・・・?どのくらいかな?というところから、1食で700!と考えてみる。

ごはんが1杯で200キロカロリーだから・・・と食事とエネルギーを結び付けて考えてみる。

そうすることがダイエットにつながる第一歩だと考えていきましょう。

ここから2000以下にしようとしたときがまた大変になってきますよ。

とりあえず、最初は2000キロカロリーの食事!

ここをしっかりと取り組んでいきましょう。

もちろん軽い運動をプラスすることでさらなるダイエット効果は期待できます。

早く結果を出したいという方は運動も足していきましょう。

そうすることで健康的な生活を手に入れることが出来ますよ。

自分で自分を管理する。これが大事なポイントです。

有効的な方法としては毎日の食事をメモすること。

ここでわかるときにはおおよそのエネルギー量を書き留めるといいでしょう。

1日を終えて足してみると最初は2000をオーバーしているかもしれませんが、何がエネルギーが高くて何が低いのかを理解していきますのでいずれ2000内に入るようになってくるかと思います。

1日3食!これを毎日書き留めるのは大変なことですが、続けることで必ず結果がついてくることは間違いありませんよ。

努力なくして成功なし!

頑張って理想の体型を手に入れましょう。

まとめ

「2000キロカロリーの食事」について紹介させて頂きました!

食事を自分で管理することはとても大変なことです。最初は頭が痛いかもしれませんが、いずれなれます!自然とセーブすることが出来るようになってきますので心配いりませんよ♪毎日のことなのでしっかりと気を配ってあげて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました