離乳食のポップコーン!赤ちゃんは食べられる?いつから?

スポンサーリンク

可愛い可愛い赤ちゃん!

見ているだけでも癒されますよね。

最初はミルクや母乳だけでも十分栄養が取れているのですが、

大きくなるにつれてより多くの栄養素を摂取する必要があります。

赤ちゃんの消化機能はまだ未熟なので消化機能に合わせたメニューを離乳食として作っていかなければいけません。

新米ママや久しぶりの赤ちゃんだという方は離乳食に悩んでしまっているのではないでしょうか。

なかなか自分の時間も取れない中で離乳食を調理するのは大変ですよね。

私は8年間保育園で栄養士として勤務しておりましたので毎日園児ひとりひとりに対して個人対応をしながら離乳食を進めていました。

そんな、離乳食づくりに悩んでいる方へ「離乳食のポップコーン」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

離乳食のポップコーン 赤ちゃんはいつから?

おいしくて子供の大好きなポップコーン!いつから食べることが出来るのでしょうか?

ポップコーンはどうしてもジャンクなイメージがありますよね。

赤ちゃんが食べている姿が想像できません・・・

赤ちゃんは、ポップコーンを離乳食完了してから2歳ごろより食べてもいいかと思います。

今回は、いつからという部分があいまいですよね。

ポップコーンは難しいですよ~!2歳ごろよりというのも条件があります。

次に詳しく紹介します。

離乳食のポップコーン 赤ちゃんのポップコーン

赤ちゃんにポップコーンを食べさせてあげる上ではどのポイントに注意したらいいのでしょうか。

・塩分

・カロリー

・嚥下

ですね。

先ほど2歳ごろ~使用することが出来るとお話しをさせて頂きましたが、市販のものはNGです!

市販のポップコーンはかなり塩味がきついですよね。

大人でも喉がかなり乾くかと思います。

赤ちゃんがこれほど塩からいものを食べてしまうのは消化機能に負担がかかりすぎてしまいます。

なので、赤ちゃんにポップコーンを食べさせてあげるのは手作りのもののみ!

2歳ごろはもう赤ちゃんではないですかね。子どもに近づいてくる月齢だと思います。

2歳ごろ~とお話しをさせて頂きましたが、お母さんによっては1歳ごろから食べさせている方もいるかと思います。

歯の生えるスピードも、嚥下能力の人それぞれとなりますのでポップコーンに関してはあくまでも指標としてください。

ポップコーンはうまく噛み切れないと喉に刺さってしまう、誤飲のげんいんとなりますので注意してください。

食べさせてあげるときには軽く指で砕いてから上げるといいかと思いますよ。

 

離乳食のポップコーン おすすめの作るポイント

ポップコーンは低価格で手に入れることのできるものです。

このようなポップコーンの種を購入して実際に作ってみましょう!

我が家で赤ちゃんに作る際のポイントも合わせておすすめを紹介していきたいと思います♪

子どもポップコーン

🔶材料

ポップコーン種

オリーブオイル

🔶作り方

①鍋にポップコーン種を入れてオリーブオイルをひたるくらいに入れる

②火にかけてポンポン音がしてきたらゆすり、焦げないようにする

③音がしなくなったらOK

これだけ♪

我が家では塩を使いません。そのままでも自然の甘味があって十分においしいですよ。

ポップコーンを作る際には、想像以上の油を使います。

なので、我が家ではオリーブオイルを使用しています♪

一度に作る量も少なくして油の量も少なくなるように調節して作っていますよ。

子どもに食べさせてあげるには、油と塩に注意ですね!

まとめ

「離乳食赤ちゃんのポップコーン」について紹介させて頂きました♪

赤ちゃんはポップコーンを食べることが出来るのでしょうか?かなり悩む内容だと思います。判断が難しいかと思いますので参考にしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました