箱根神社の初詣2021!参拝時間やコロナ対策・ご利益など紹介!

スポンサーリンク

早いもので、今年もそろそろ年末が近づいてきましたね。来年はついに令和も3年!2021年になります。いい年にしたいものです。

年末年始は地元に帰って普段顔を合わせない親戚や友達とのんびり過ごす方が多くいますが、年末年始に旅行をする方もいるのではないでしょうか。

今年の初詣は神奈川県の箱根神社で!

 

そんな、「箱根神社」での初詣情報を紹介していきたいと思います♪

箱根神社
スポンサーリンク

箱根神社の初詣 参拝時間<2021>

箱根神社の2021年初詣の参拝時間を紹介します。

箱根神社の初詣参拝時間<2021>

・2021年1月1日 0:00~20:00

・2021年1月2日 6:30~19:30

・2021年1月3日 6:30~19:00

箱根神社の初詣 コロナ対策<2021>

箱根神社の新型コロナウウイルス感染症の拡大の影響へのコロナ対策を紹介します。

・座席間隔確保

・混雑時の入場制限

・受付、お札所等に飛沫防止設置など

 

コロナ禍ではありますが、令和3年にも冬景色花火大会が開催されるようです!

1月1日0:00より芦ノ湖上で開催されます♪

箱根神社

箱根神社の初詣 ご利益・由緒・御祀神

箱根神社の由緒について

箱根神社は757年に万巻上人によって建立されました。

これは箱根大神様のご神託によるものでした。

箱根大神とは「瓊瓊杵尊」「木花咲耶姫命」「彦火火出見尊」の3人を指し、箱根神社の御祀神となっています。

箱根神社の神様について

上記の通り、箱根大神であられる「瓊瓊杵尊」「木花咲耶姫命」「彦火火出見尊」が祀られています。

「瓊瓊杵尊」と「木花咲耶姫命」は夫婦でその子が「彦火火出見尊」です。

箱根神社のご利益について

縁結び、金運などの御利益もありますが、有名なのは勝負運です。

源頼朝や徳川家康が訪れたとされる程、昔から勝負事の神様として親しまれています。

箱根神社の初詣 混雑状況

箱根神社はとても人気のスポット!初詣になると例年大混雑します。

特に年明けには花火の打ち上げがあることも重なり、かなりの混雑となります。

混雑のピークは、大晦日~元旦!混雑を避けるためには元旦を避ける夕方以降がおすすめです。

箱根神社

箱根神社の初詣 アクセス方法

電車の場合

「小田原駅」から箱根登山鉄道を利用し「箱根湯本駅」へ

「箱根湯本駅」から伊豆箱根バス「元箱根・箱根町」行きに乗り「元箱根」下車約40分

「元箱根」バス停から徒歩10分で箱根神社到着

高速バスの場合

「新宿駅」から箱根高速バスに乗り箱根「山のホテル」降車約150分

「山のホテル」から徒歩3分

車の場合

東名高速道路「厚木IC」から小田原厚木道路に進入。

そのまま国道1号線を利用して「宮ノ下」へ。

元箱根信号を右折すると箱根神社に到着。湯本から神社まで約35分

≪駐車場≫

箱根は観光地ですので、比較的駐車場が多く存在します。

その中でも駐車しやすい場所をご紹介します。

  • 箱根神社駐車場(第1第2駐車場複合)

境内にある駐車場です。

収容台数:180台

駐車料金:無料

  • 元箱根観光駐車場

広いスペースのある駐車場ですが、大型バス専用の駐車場となっており、

乗用車は数台しか駐車できません。

収容台数:14台

駐車料金:無料

  • 第二鳥居駐車場

芦ノ湖沿いにある駐車場でAとBに分かれていますがここでは合わせて表記します。

収容台数:28台

駐車料金:無料

  • 元箱根駐車場

遊覧船乗り場の近くにあり、神社からは少々距離があります。

収容台数:50台

駐車料金:一回500円

  • 箱根神社前駐車場

箱根神社までは近いですが、少々料金が御高めになっています。

収容台数:40台

駐車料金:一時間310円。以降30分ごとに150円加算 1日上限1890円

まとめ

「箱根神社」での初詣情報を紹介させて頂きました!

箱根神社が大人気!観光地ということもあり、例年多くの方で賑わいます。箱根神社で初詣をするのであれば混雑は覚悟の上行きましょう!今年はコロナの影響もありますので三が日を避けて参拝することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました