豊川稲荷の初詣2021!参拝時間やコロナ対策など紹介!

スポンサーリンク

早いもので、今年もそろそろ年末が近づいてきましたね。来年はついに令和も3年!2021年になります。いい年にしたいものです。

年末年始は地元に帰って普段顔を合わせない親戚や友達とのんびり過ごす方が多くいますが、年末年始に旅行をする方もいるのではないでしょうか。

初詣は妙厳寺!(豊川稲荷)

 

そんな、「妙厳寺(豊川稲荷)」での初詣について紹介していきたいと思います♪

豊川稲荷
スポンサーリンク

豊川稲荷(妙厳寺)の初詣 参拝時間<2021>

豊川稲荷(妙厳寺)の参拝時間を紹介します!

豊川稲荷(妙厳寺)の参拝時間<2021>

・2021年1月1日 0:00~21:00

・2021年1月2日 5:00~21:00

・2021年1月3日 5:00~21:00

※予定

豊川稲荷(妙厳寺)の初詣 コロナ対策

豊川稲荷(妙厳寺)の新型コロナウウイルス感染症の拡大の影響への対策を紹介します。

・新年の祈祷は入場制限を行う(御祈祷1座に対して50名まで)

・祈祷時間

1月1日~1月3日 5:00~17:00

1月4日~1月11日 6:00~15:30

1月12日以降 8:30~15:00

・御朱印 閉鎖、書置きもなし

※現在開門は総門のみ、9:00~15:00となっています。

 

豊川稲荷

豊川稲荷(妙厳寺)の初詣 ご利益・由緒・御祀神

豊川稲荷(妙厳寺)の詳細を紹介します

豊川稲荷(妙厳寺)のご利益

豊川稲荷(妙厳寺)のご利益は、なんといっても商売繁盛!

江戸時代より、商売繁盛・家内安全・開運のご利益があるとして人気のスポットとなっています。

豊川稲荷(妙厳寺)の由緒

豊川稲荷の正式名称を妙厳寺としています。

豐川吒枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)が稲穂を荷い、白い狐に跨っている様子より豊川稲荷が通称となっています。

約580年前室町幕府に創建され、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康のような武将や文人より親しまれてきました。

豊川稲荷(妙厳寺)の御祀神

豐川吒枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)

 

豊川稲荷(妙厳寺)の初詣 混雑状況

豊川稲荷(妙厳寺)は商売繁盛のご利益があるとして人気のスポットとなっていますので初詣は大変に混雑します。

1年中多くの方が訪れるのですが、三が日はさらに多くの方で賑わいます。

コロナもありますので、参拝は三が日を外すのがおすすめです。

どうしても三が日が良いという方は、元旦を除く夕方以降がおすすめです。

豊川稲荷

豊川稲荷(妙厳寺)の初詣 アクセス方法

豊川稲荷(妙厳寺)へのアクセス方法を紹介します!

住所:愛知県豊川市豊川町1番地

電車で行く場合

名古屋方面→JR東海道新幹線 豊橋駅→JR飯田線 豊川駅→(徒歩約5分)→妙厳寺

東京方面→JR東海道新幹線 豊橋駅→JR飯田線 豊川駅→(徒歩約5分)→妙厳寺

車で行く場合

東名高速道路 豊川インターチェンジ→妙厳寺(所要時間約10分)

駐車場

豊川稲荷(妙厳寺)には駐車場があります。ですが、スペースに限りがありますので公共交通機関を使用してくださいと公式HPに記載があります。

まとめ

豊川稲荷(妙厳寺)の初詣について紹介させて頂きました!

豊川稲荷(妙厳寺)の初詣が人気!商売繁盛とあっては商売人もそれ以外の方も行きたくなりますよね。例年大賑わいなので、2021年も人が多そうですね。コロナもありますので三が日を避けて参拝することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました