日光東照宮の初詣!2021年参拝時間やコロナ対策・ご利益など紹介!

スポンサーリンク

早いもので、今年もそろそろ年末が近づいてきましたね。来年はついに令和も3年!2021年になります。いい年にしたいものです。

年末年始は地元に帰って普段顔を合わせない親戚や友達とのんびり過ごす方が多くいますが、年末年始に旅行をする方もいるのではないでしょうか。

初詣は日光の日光東照宮!

そんな、「日光東照宮」での初詣について紹介していきたいと思います♪

日光東照宮
スポンサーリンク

日光東照宮の初詣 参拝時間<2021>

日光東照宮の2021年初詣の参拝時間を紹介します。

・2021年1月1日 0:00~16:00

・2021年1月2日 8:00~16:00

・2021年1月3日 8:00~16:00

※予定

※他の初詣よりも閉まるのが早いですので、注意してくださいね!

日光東照宮の初詣 コロナ対策<2021>

日光東照宮の新型コロナウウイルス感染症の拡大の影響へのコロナ対策を紹介します。

・授与所や表門で職員と対面する場所に透明のシート

・消毒液の配置

・神職、巫女、警備員のフェイスガード

・手水舎の廃止。

・御朱印は置き書きを頒布

日光東照宮の初詣 ご利益・由緒・御祀神

日光東照宮のご利益

日光東照宮は大人気!

縁結びのご利益があるとされています。恋愛運が上がります。

他にも、運気が上がるとされるありがたいご利益があります。

仕事、勝負、大願祈願を行います。

日光東照宮の由緒

日光東照宮は元和3年である1617年に徳川初代将軍である徳川家康を御祀神として祀っている神社となります。

遷宮につきましては、4月17日に二代将軍秀忠公をはじめ公武参列のもと厳粛に行われることりなり、東照社として鎮座しました。その後正保2年である1645年には宮号を賜り、東照宮と呼ばれるようになりました。

日光東照宮の御祀神

徳川家康

日光東照宮の初詣 混雑状況

日光東照宮は1年中混雑している人気のスポットとなっています。

初詣の時期ともなるとさらに多くの方で賑わいます。

特に大晦日~元旦が混雑します!

混雑回避には三が日を避けて参拝することをおすすめします。

日光東照宮の初詣 アクセス方法

東照宮へのアクセス方法を紹介します!

住所:栃木県日光市山内

電車で行く場合

浅草→(特急けごん)→東武日光(所要時間約1時間50分)

浅草→(特急きぬ+各駅停車)→東武日光(所要時間約1時間50分)

浅草→(東武特急快速)→東武日光(所要時間約2時間5分)

新宿→(JR特急日光)→東武日光(所要時間約2時間)

宇都宮→(JR日光線)→日光(所要時間約45分)

車で行く場合

東北自動車道 宇都宮インターチェンジ→日光宇都宮道路 日光インターチェンジ→東照宮

駐車場

東照宮には駐車場があります!駐車場があるというのは嬉しいですよね♪

収容台数:200台

料金:バイク400円、普通600円

まとめ

「日光東照宮」の初詣情報を紹介させて頂きました!

日光東照宮は運気アップ!行くだけで開運になりますね。新年のはじめにはそんな日光東照宮にいきたい!今年はしっかりとコロナ対策をして混雑は覚悟の上参拝してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました