湯島天神の初詣2021!参拝時間やコロナ対策・ご利益など紹介!

スポンサーリンク

早いもので、今年もそろそろ年末が近づいてきましたね。来年はついに令和も3年!2021年になります。いい年にしたいものです。

年末年始は地元に帰って普段顔を合わせない親戚や友達とのんびり過ごす方が多くいますが、年末年始に旅行をする方もいるのではないでしょうか。

初詣は東京の湯島天神(湯島天満宮)!

そんな、湯島天神(湯島天満宮)での初詣について紹介していきたいと思います♪

湯島天神
スポンサーリンク

湯島天神の初詣2021!参拝時間

湯島天神の初詣参拝時間を紹介します<2021>

・2021年1月1日 0:00~21:00

・2021年1月2日 6:00~21:00

・2021年1月3日 6:00~20:00

湯島天神の初詣 コロナ対策<2021>

湯島天神の新型コロナウウイルス感染症の拡大の影響へのコロナ対策を紹介します。

・手水舎の柄杓(ひしゃく)撤去

・撫で馬への接触廃止

・職員のマスク着用

・御祈祷の参列は参拝者1組づつ

湯島天神

湯島天神の初詣 ご利益・由緒・御祀神

湯島天神のご利益

学問の成就のご利益のために合格祈願として多くの受験生が訪れます。

湯島天神の由緒

湯島天神は、雄略天皇二年458年に創建と伝えられています。

歴史は非常に古く、天之手力雄命を奉斎したのがはじまりとされています。

元禄十六年である1703年の火災で全焼しており、宝永元年である1704年に将軍綱吉公は金五百両を寄進している。

湯島天神の御祀神

天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)
菅原道真公(すがわらみちざねこう)

湯島天神の初詣 混雑状況

湯島天神はそのアクセスの良さもあり、初詣は非常に混雑します!

湯島天神での初詣を希望される方は混雑は覚悟の上で参拝しましょう。

混雑を避けるには、元旦を除く夕方以降がおすすめですよ。

湯島天神

湯島天神の初詣 アクセス方法

湯島天神(湯島天満宮)へのアクセス方法を紹介します!

住所:東京都文京区湯島3-30-1

電車で行く場合

東京メトロ千代田線 湯島駅→湯島天神(所要時間徒歩約2分)

東京メトロ銀座線 上野広小路駅→湯島天神(所要時間徒歩約5分)

東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅→湯島天神(所要時間徒歩約10分)

JR御徒町駅→湯島天神(所要時間徒歩約8分)

都営地下鉄大江戸線 上野御徒町駅→湯島天神(所要時間徒歩約5分)

車で行く場合

首都高速 神田橋→湯島天神(距離約2km)

駐車場

湯島天神には駐車場があります!駐車場があるというのは嬉しいですね♪

・タイムズ湯島天神第一

料金:20分220円(8:00~24:00)、60分110円(24:00~8:00)

収容台数:13台

・タイムズ湯島天神第二

収容台数:8台

料金:20分220円(8:00~24:00)、60分110円(24:00~8:00)

まとめ

湯島天神(湯島天満宮)での初詣情報を紹介させて頂きました!

湯島天神(湯島天満宮)は初詣が大人気!例年多くの方が新年を湯島天神で過ごしたいと訪れます。今年はコロナ回避のためにも三が日を避けて参拝することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました