鳥羽の火祭り2021!日程や見どころ紹介!中止?コロナの影響は?

スポンサーリンク

愛知県で開催されます、鳥羽の火祭りは危険なお祭りとして有名です。

どのように危険なのかと言いますと、火の中に飛び込んで競争を行うからです!

火の中に飛び込むって衝撃的なワードですよね…!どのようなお祭りなのでしょうか。

 

そんな、「鳥羽の火祭り」の魅力を紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

「鳥羽の火祭り」の2021年日程は?会場はどこ?

鳥羽の火祭りの開催日程<2021>

2021年の鳥羽の火祭りの日程を紹介します!

2021年2月14日(日)

 

に開催されます!

鳥羽の火祭りの会場

 

鳥羽神明社

住所:西尾市鳥羽町西迫89

 

鳥羽の火祭り<2021>は中止?コロナの影響は?

大変残念なのですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、鳥羽の火祭り<2021>は中止が決定いたしました。

しかし、感染を拡大するわけにもいきませんから、仕方ないですよね。

来年また楽しみに待ちましょう!

「鳥羽の火祭り」のアクセス方法

鳥羽の火祭りへ電車で行く場合

名鉄蒲群線 三河鳥羽駅→徒歩約10分

 

鳥羽の火祭りへ車で行く場合

・東名高速道路 音羽蒲群インターチェンジ→(三河湾オレンジロード)→(国道23号線)→(国道247号線)→所要時間約約40分

・東名高速道路 岡崎インターチェンジ→(国道26号線)→(国道248号線)→(国道247号線)→所要時間約60分

 

鳥羽の火祭りの会場

鳥羽神明社→(徒歩約10分)→三河鳥羽駅→(徒歩約3分)→みそぎ会場

 

鳥羽の火祭りの駐車場

鳥羽の火祭りでは駐車場の用意があります。駐車場があるというのは嬉しいですよね!以下を利用してください。

・魚市場(収容台数160台)

・鳥羽神明社西(収容台数200台)

・ふるさと公園(収容台数100台)

・イナテック(収容台数200台)

「鳥羽の火祭り」のスケジュール

鳥羽の火祭りのお祭り進行スケジュールを紹介しますので参考にしてください♪

鳥羽の火祭りの前日

13:00 境内で「すずみ」作り開始

 

鳥羽の火祭りの当日

15:00 神男と奉仕者が神明社から海へ「みそぎ」に出発

15:30 寒風のなか裸で海に入り身を清める

19:30 神前で神事

20:00 火打石の火が「すずみ」に点火

20:30 神木、十二縄が神前に供えられてお祭りが終了

「鳥羽の火祭り」の見どころは?混雑状況は?露店はあるの?

鳥羽の火祭りの起源・歴史

鳥羽の火祭りは変わったお祭りですが、どのようにして始められるようになったのでしょうか?実は由来等の記録が焼失してしまっていますのでその起源については不明なのです。謎の多いお祭りとなっています。なので、歴史も定かではありませんが約1,200年前だと伝えられている歴史のあるお祭りなのです。国の重要無形民俗文化財に指定されています。

 

鳥羽の火祭りの禊

神男を中心とした約100名の奉仕者が鉢巻・白足袋・腹に晒を身につけ、お祓いをうけます。お祓いを受けた後にはみそぎ会場へと移動を行い、2月の寒い海の中にふんどし一枚の姿で入り身を清めるみそぎが行われます。体がすべて海に入る程つからなくてはならないのです。寒すぎて痛みを感じる程だと思うのですが、勇敢にも入っていく姿をみることが出来ます。

 

鳥羽の火祭り

いよいよ鳥羽の火祭りの開始です!鳥羽の火祭りでは巨大な松明「すずみ」に火打石で点火します。火が立ち上がったら神男と奉仕者によって松明を揺すります!熱いのは当たり前、大きな火柱が上がっています。その中で松明を壊して中に入っている神木と十二縄を取り出すのです!松明を周辺には火の粉が飛び散り会場の熱気も増します。燃え盛る松明を素手でゆすり、破壊しようとしている様子には衝撃をうけますよ。梯子をつかってすずみに上るのですが、ゆすっていた場所が燃えてそのまま転げ落ちる場面も少なくありません。取り出した神木と十二縄は神前に奉納します。

 

鳥羽の火祭りのすずみ

会場には大きな藁で作られている「すずみ」が鎮座しています。お祭りの全日から用意していますよね。すずみは非常に大きく高さは約7メートルで直径は1~3メートルにもなります。これは燃えてしまいますのでお祭りが始まる前に写真撮影を済ませてくださいね。藁を青竹で囲んで三角の形に成形されています。すずみの中には神木(しんぎ)といわれるものが入っています。

 

鳥羽の火祭りの様子を撮影した、おすすめ動画を紹介します。

炎に飛び込む「鳥羽の火祭り」=愛知県西尾市

鳥羽の火祭りの混雑状況

鳥羽の火祭りは人気のお祭りとなりますので、混雑が予想されます。地元で人気のお祭りとなりますので都会で人気のあるお祭りと比較すると混雑具合はゆるやかとなります。歩くのも困難という程ではありませんが、人気の場所が局所的に混雑します。火祭りを間近で鑑賞したいという方は1時間は前に会場入りしなければ難しいです。駐車場もありますが、数に限りがありますので駐車場利用予定の方は早めに会場へと向かいましょう。

 

鳥羽の火祭りの露店

鳥羽の火祭りでは露店は出店しているのでしょうか?

お祭りでのお楽しみとしておいしい食事は欠かせないものがありますよね…!

安心して下さい!鳥羽の火祭りでは露店が出店していますよ~!10店舗ほどでしょうか。そこまでたくさん!という程ではありませんが、食事をするには十分だと思います。定番のメニューからスイーツ系まで楽しむことが出来ます♪

 

まとめ

「鳥羽の火祭り」を紹介させていただきました!

このお祭りは…まさに奇祭!みているとこれは火事?と思ってしまいます。大きな火柱があがります。その中に人が突進していくのですから衝撃を受けますよ。絶対に熱いのですが、長時間松明をゆすっている姿も見られます。みなさんも鳥羽の火祭りに参加してお祭りの進行を見守ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました